Tag Archives: 障害者

ダイバーシティ

“見えない、聞こえない、若くない”が力になる。日本初、ダイバーシティのミュージアム「対話の森」

日本初のダイバーシティをテーマとしたミュージアム「対話の森」が、2020年東京でのオープン

代表の林田さん

凹凸を持ったまま”上手に”生きる。発達障害を持つ大人のためのビジネススクール「キズキビジネスカレッジ」

近年、テレビや書籍で特集が組まれるなど、話題を集めている「大人の発達障害」。発達障害とはA

AlterEgo

頭の中で考えるだけ。MITが開発した、発声なしで「以心伝心」できるウェアラブルデバイス“AlterEgo”

テクノロジーをつかったコミュニケーションは、日々進歩している。近年では、AI(人工知能)の

点字プリンター

視覚障がいのある人に点字へのアクセスを。ポケットサイズで持ち運べる、手軽な点字プリンター「Vrailler」

新しくプロダクトを開発する際、アクセシビリティを考慮した設計がされるようになってきている。

ショッピングカート車椅子

ショッピングカートが車椅子に変身。タイの貧困層に届いたDIYアイデア

急速に高齢化が進む日本。そんな日本の後を追うように、人口約7千万人のタイでも、すでに高齢化

Rakuten Social Acceralator

楽天「Rakuten Social Accelerator」、ビジネスアセットをフル活用で社会起業家を支援

大企業に所属していると、自分が何のために仕事をしているのか分からなくなることがある。自分の

歩行困難な人の生活を快適にする選考会。トヨタ・モビリティ基金がファイナリストを発表

いま世界では、対麻痺(下肢のまひ)のために歩行が困難な人が何百万人もいるという。高齢化が進

バレンタインギフト

今年のバレンタインはストーリーのある贈り物を。 貰った相手と社会が喜ぶチョコ5選

もうすぐバレンタインデー。いつもお世話になっている人、パートナー、友達、自分自身へ、改めて

ダウンジャケット

要らない羽毛製品は「持ち込もう」誰でもリサイクルに参加できる“Green Down Project”

季節の変わり目には、不用品を整理する方も多いのではないだろうか。もし、その中に羽毛の布団や

「目の見える人と見えない人の美術鑑賞ワークショップ 」で学んだ、アートの新しい楽しみ方

芸術の秋、アートの季節である。しかし、アート鑑賞と聞くと、作者や作品について詳しい知識がな

Toheキービジュアル

【ベトナム特集#8】デザインするのはハンディキャップを持つ子供たち。雑貨屋「Tohe」が伝える、遊び心の大切さ

「私は、ラファエロのように絵を描くのには4年かかった。しかし、子供のように描くには一生かか

【ベトナム特集#7】地元っ子おすすめ!プラスチックフリーを掲げるおしゃれなハノイのカフェ・レストラン3選

「ガイドブックに載っている観光地に飽きてしまった」「地元の人行きつけのお店を訪ね、ローカル

ADHDを治療するビデオゲームが登場。自閉症、うつ病の治療にも有効か

ADHDとは不注意、多動性、衝動性の3つを中心的な症状とする発達障害です。あるアメリカの会社が、子どもを対象にビデオゲームを使ったこれらの治療法の開発を進めています。

社員同士をつなぐ

難聴だから生まれたアイデア。NTTドコモ『みえる電話』の発案者に聞く、障がい者も活躍できるインクルーシブな会社とは

日本の身体障がい者の人口は約436万人。なかでも、聴覚に障害を持つ人が人口の約2割を占める

イケアのイノベーションラボ「SPACE10」が取り組む、ユニークなプロジェクト7選

IDEAS FOR GOODでは以前、「未来のファストフード」と称したイケアの昆虫バーガー

読書メガネ

文章を読み上げる小型カメラ「OrCam MyEye 2」視覚障害者の心強いお供に

テクノロジーの進化は、健常者と障害者の垣根を省こうとしている。 筆者は先日、視覚障害者用ス