Tag Archives: Science for Good

エディンバラ大学 波力エネルギー

波の力を安価でシンプルに電力に変える装置、英エディンバラ大学が開発

英エディンバラ大学が、波の力を複雑なシステムなしで安価に電力に変える装置を開発した。この装

プラスチックごみ

プラスチックごみをクリーン燃料に変える、米大学の新技術。リサイクル産業の発展を後押し

私たちは、たくさんのプラスチック製品に囲まれて生活している。調査によると、過去65年間に生

豆がなければ他の素材でコーヒーをつくればいい。米スタートアップAtomoが「豆なしコーヒー」開発

コーヒーは今や人々の生活に深く根付き、欠かせない飲み物の1つだ。そのわたしたちの愛するコー

林業で出るゴミをバイオ燃料に。フィンランド技術研究センターが開発する新技術とは

フィンランド技術研究センター(以下、VTT)が、樹皮やおがくずなどの林業廃棄物を、輸送用燃

【タイ現地レポート】脱プラスチックは本当に正しい?プラスチックの可能性について考える

今、世界中でプラスチック問題が大きく取り上げられている。2050年には、魚の量よりプラスチ

化石燃料も電池もいらない。「イオン風」で飛ぶ世界初の飛行機をMITが開発

空を飛ぶことは、ずっと人類の夢だった。 ルネッサンスを代表する巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチ

NASAも評価。CO2と大気の汚れを吸収する、ペットボトルからつくる超軽量ゲル

シンガポール国立大学が、廃棄されたペットボトルをCO2や汚染物質を吸収するエアロゲルに変え

キノコで発電する、持続可能な未来の照明装置とは?

アメリカのスティーブンス工科大学が、キノコで発電する未来の照明装置を開発した。秋も深まった

藻からディーゼル燃料を作り出す。気候変動に挑むミシガン大学の研究

ミシガン大学研究チームが、藻からつくるディーゼル燃料を開発中だ。既存のディーゼル燃料と混ぜ

CO2を吸収して建物を強くする。MITが開発した建築材料

マサチューセッツ工科大学(MIT)が、大気中のCO2を吸収して建物を強化するポリマーを開発

アメリカの近未来ステーション

水素燃料車の普及への一歩。アメリカの新たな水素ステーションモデル

アメリカのサンディア国立研究所が、安全に管理できる水素ステーションのモデルを提案した。 現

廃棄ビールが役に立つ。窓ガラスに貼るだけで室温を快適に保つ断熱シート

米コロラド大学ボルダー校の研究チームが、室温を快適に保つ透明なシートを開発した。廃棄される

バイオ電池

ちょっとの工夫が電子ゴミを減らす。紙が原料、生分解できるバイオ電池

将来、電池は紙から作られるようになるかもしれない。 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研

プラスチックゴミを車の燃料に変える夢の技術。英大学の研究

イギリスのスウォンジ大学研究チームが、プラスチックゴミを水素に変えて、車の燃料として利用す

テクノロジーで社会を良くするアイデア大集合!「ソーシャルグッドサミット〜ヒラメキが紡ぐ未来~」

貧困、気候変動、人権侵害・・・。世界には深刻な課題が山積みだ。これらの問題を解決しなくては

海洋プラスチックが燃料に変わる。フィンランドの海洋清掃コンテナプロジェクト

現在、世界的な問題となっている海洋プラスチックゴミ。内陸部に住んでいるとその深刻さを実感す