Tag Archives: Science for Good

藻からディーゼル燃料を作り出す。気候変動に挑むミシガン大学の研究

ミシガン大学研究チームが、藻からつくるディーゼル燃料を開発中だ。既存のディーゼル燃料と混ぜ

CO2を吸収して建物を強くする。MITが開発した建築材料

マサチューセッツ工科大学(MIT)が、大気中のCO2を吸収して建物を強化するポリマーを開発

アメリカの近未来ステーション

水素燃料車の普及への一歩。アメリカの新たな水素ステーションモデル

アメリカのサンディア国立研究所が、安全に管理できる水素ステーションのモデルを提案した。 現

廃棄ビールが役に立つ。窓ガラスに貼るだけで室温を快適に保つ断熱シート

米コロラド大学ボルダー校の研究チームが、室温を快適に保つ透明なシートを開発した。廃棄される

バイオ電池

ちょっとの工夫が電子ゴミを減らす。紙が原料、生分解できるバイオ電池

将来、電池は紙から作られるようになるかもしれない。 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研

プラスチックゴミを車の燃料に変える夢の技術。英大学の研究

イギリスのスウォンジ大学研究チームが、プラスチックゴミを水素に変えて、車の燃料として利用す

テクノロジーで社会を良くするアイデア大集合!「ソーシャルグッドサミット〜ヒラメキが紡ぐ未来~」

貧困、気候変動、人権侵害・・・。世界には深刻な課題が山積みだ。これらの問題を解決しなくては

海洋プラスチックが燃料に変わる。フィンランドの海洋清掃コンテナプロジェクト

現在、世界的な問題となっている海洋プラスチックゴミ。内陸部に住んでいるとその深刻さを実感す

CO2を集めてビールを造る、イギリス生まれの逆転の発想

イギリス名物といえばパブである。タップから注がれる琥珀色のビールを片手にフィッシュアンドチ

「都市の緑化でメンタルヘルス向上」米ペンシルバニア大学が発表

木陰の有り難さがいつも以上に感じられる酷暑の夏。緑はわたしたちにさまざまな恩恵をもたらして

服はスプレーひとつで作ろう。エシカルファッションの先駆け「Fabrican」

ファッションと科学のコラボレーションで、衣料品業界に新たな風を吹き込む技術が生まれた。体に

毎日使うモノをもっとエコに。木のゴミとカニの甲羅で作る食品ラップ

毎日の食生活で、サランラップやクレラップに代表される食品ラップを使っている人は多いだろう。

都心から1時間弱に、世界初の廃プラから生まれる水素発電型リゾートホテルが誕生

神奈川県川崎市。かつて石油化学コンビナートが立ち並び、京浜工業地帯として栄えた川崎に対して

曇りの日も効率的に発電できる、バクテリア入りの太陽電池

クリーンエネルギーの筆頭である太陽エネルギーは現在、世界中でさまざまな技術開発が行われてい

これからのスタンダードは日本発。石灰石を使った、紙とプラの新素材LIMEX

私たちの生活に欠かせないものの一つである、紙。ゆっくりと本を読んだり、会議での資料に使った

海藻の遺伝子を利用した青く光る街路樹が、道を照らす未来がくるか?

春の風物詩である桜の木や、秋の侘しさを漂わせるえんじ色の紅葉、毎日異なる表情を見せてくれる