世界初、「サステナブルファッション」がテーマの無料公開オンラインコース

Browse By

多くの人を魅了するもの、それはファッション。シーズンごとに店頭に並ぶ新しいコレクションは私たちの物欲を刺激する。全世界におけるファッション業界の市場規模は$2.4兆ドル(約250兆円)、労働人口は5000万人をこえ、現在もなお成長を続けている。

しかし、ファッション業界が環境に悪影響を及ぼしているという事実をご存知だろうか。例えば、染色の際の化学物質の大量使用やファストファッションの大量消費などが原因だ。

そんな中、近年ファッション業界でもサステナビリティを重視する動きが広まっている。グッチやサンローランを展開するラグジュアリーファッショングループのケリング社がロンドン芸術大学のロンドン・カレッジ・オブ・ファッション(LCF)と手を組み、サステナビリティとラグジュアリー・ファッションに特化した世界初の大規模公開オンライン講座(MOOC)を今年4月に開始する。

ファッションとサステナビリティのMOOC

この無料コースは「ファッション&サステナビリティ:変化する世界のラグジュアリー・ファッションを学ぶ」と題され、ラグジュアリーとファッションの分野におけるサステナビリティの教育を強化することを目的としている。将来のデザイナー、ラグジュアリー・ファッションのプロフェッショナル、そしてファッションに関心を持つ一般の人々まで、誰でも受講できる。

両社のサステナビリティ専門家によって共同開発された6週間のコースには、映画やポッドキャスト、ディスカッションなど様々なコンテンツが含まれている。また、「ファッションにおいてサステナビリティが重要な理由」をはじめとした6つの理論的なテーマだけでなく、実際にラグジュアリーファッションブランドがサステナビリティを取り入れる際に直面し得る問題の対応策など、実践的な内容も含まれている。49€(約6400円)払う有料版では、コースの有効期間はなく、また修了証も発行される。

ケリング社は、世界経済フォーラムで発表されたCORPORATE KNIGHTS’ 2018 GLOBAL 100の調査で最もサステナブルなアパレルブランドとして評価され、よりサステナブルなラグジュアリーを追求し続けている。

サステナブルな商品であることが消費者にとっての優先事項になりつつある中で、企業がこれまでの慣行を変え対応していくのは容易ではない。しかし、このような学びの機会を設けることで、生産者だけでなく消費者も理解を深め、より賢い判断ができるようになるのではないだろうか。

【参照サイト】サステナブルなラグジュアリー・ファッションの 世界初となる公開オンラインコース(MOOC)を開始
【参照サイト】KERING RECOGNIZED AS MOST SUSTAINABLE TEXTILE, APPAREL AND LUXURY GOODS CORPORATION IN THE WORLD BY CORPORATE KNIGHTS’ 2018 GLOBAL 100
【参照サイト】Fashion and Sustainability: Understanding Luxury Fashion in a Changing World
【参照サイト】The state of fashion