Monthly Archives: 4月 2018

人と人のつながりが分断された現代、千葉の限界集落から学ぶ5つのこと

東京駅から車で約2時間ほど走ったところに、千葉県鴨川市釜沼がある。豊かな里山と、雨の恵みで

森でスマホを触っている人の腕

音を聞くことで森林を守る。Googleが開発したAIと中古スマホを活用

ブラジルに広がる熱帯雨林のアマゾンが、地球にとってどれくらい重要なものかご存知だろうか?世

エコで贅沢な生活を。ニューヨークの空気をきれいにする、ラグジュアリーな高層ビル

「大都市は空気も汚くて人の住む場所には適していない、郊外の方が緑が多くてエコだ。」そう考え

別れの博物館の看板

別れを展示する博物館。悲しみを癒し、次の人間関係に進むきっかけに

「2016年3月13日3:00、自ら命を絶った姉のスマホです。」 「祖父はこのダルマに私の

「誰が私の服を作ったの?」ファッションの持続可能性を考えるキャンペーンと4/30東京開催イベント

2018年の4月23日から29日は、”ファッションレボリューションウィーク&#

走るだけで電気自動車を充電する道路、スウェーデンに誕生

先日、スウェーデンの首都ストックホルム近郊で、電気自動車を運転しながら充電できる電化道路の

手足が不自由でも簡単に着られる、トミーヒルフィガーのクールな新ラインナップ

ファッションは単に外見を着飾るものではない。それは自身の表現そのものであり、たとえ障害を持

高橋みなみ氏とスティーブン・グリーン氏が記念タオルを持っている

お金ではチケットが買えない音楽ライブ「RockCorps」、2018年の日本開催決定!

今年も熱い夏がやってくる。夏は、フジロックフェスティバルやサマーソニックなど、野外フェスを

シェルのガソリンスタンドと車

石油大手シェル、自社製品の石油からのシフトでどこに向かうのか?

たとえば肉屋さんが、家畜を育てることは環境に悪いからといって、肉を売らなくなったら何屋さん

プラスチックゴミで道路舗装。ゴミを便利なインフラに変えるガーナの取り組み

ガーナの首都アクラに本拠を置く産業加工会社NELPLASTが、プラスチックゴミを使った道路

思い出の一着をドレスコードに。「instant GALA 思い出の服の祭典」4月22日渋谷で開催!

おばあちゃんから譲り受けたコート。大切なあの人とお揃いのシャツ。卒業式に着ていったドレス。

オレオのカカオが変わる。より環境を大切にした農家を応援へ

子どもから大人まで多くの人に親しまれるビスケット、オレオ。メーカーである米モンデリーズ社は

水に触れると2秒で膨らむ、世界で1番小さな救命浮き輪

もうすぐやってくるゴールデンウイーク。気候がよくなり、水辺で休暇を過ごす人も多いだろう。し

女の子がベッドの上で微笑んでいる

ベッドリネンを子供たちのパジャマに。ウェスティンホテルが紡ぐ優しい思い

健康的な生活を送るために必要な3要素である食事、睡眠、運動。心身の成長途中にある子供にとっ

アムステルダムの運河でプラスチック釣り。ボートツアーで”価値ある”素材を集めよう

「プラスチックは、ゴミではない。」 これは、アムステルダムにある世界初のプラスチック釣り専

It’s Fresh! 置くだけで野菜とフルーツを長持ちさせるフィルターが登場

仕事帰りに寄ったスーパーで、半額になっているバナナに目が留まる。「明日からの朝ごはんにしよ