「育児休暇は休暇じゃない!」育休中の女性の苦労を訴える“バケーション”ウェア

Browse By

人類の祖先が地球に誕生して20万年。そこから連綿と続いてきた命のバトンは私たちの手に渡り、また次の世代へと託されていく。この世に生まれてくる命のすべてが、壮大で神秘的なリレーの結晶であり、奇跡だ。だからこそ私たちははるか昔から、新しい命の誕生をこんなにも愛おしみ、祝ってきたのであろう。

出産という「奇跡」を成し遂げる女性たち。彼女たちを支えるための「産休・育休」制度が、世界各国で一般化して久しい。そんな中、オランダの広告会社72andSunnyがローンチしたのが、「mommy bahama」という、「育児休暇中の女性たちの“バケーション”ウェア」ブランドだ。

新米ママのための“バケーション”ウェア。カリブ海のビーチリゾートであるバハマ諸島から取ったネーミング。南国感溢れるポップなプリント柄。これだけを聞くと、エメラルドブルーの海をバックに、赤ちゃんとお揃いの水着を着こなすママが、優雅にビーチでくつろぐ姿が浮かんできそうだ。

商品ラインナップを見てみよう。搾乳ボトルが付いたブラや、産後のお尻の痛みを和らげるドーナツ型クッション、負担のかかりがちな骨盤をサポートする産後回復ベルトに、赤ちゃんのおしり拭きとして使えるスプレーボトル……。

ドーナツクッション Image via mommy bahama

骨盤ベルト Image via mommy bahama

どうだろう、先ほどの想像とかなり違っていたのではないだろうか?「育休中のリアルなニーズ」に応える商品紹介ビデオに登場する女性は、真剣な顔つきをしていて何だかもの言いたげだ。

「育児休暇は、決して休暇(vacation)なんかじゃない!」

実はこのブランド、産後女性のそんな悲痛な叫びを世の中に届けるために誕生したフェイクブランドである。公式サイトでは、育休中の女性たちが直面する現実と、人々が思い浮かべる「育休」のイメージのギャップについて書かれている。

出産という大イベントをやっと乗り越えたと思ったら、間髪入れずに始まる育児。初めての授乳やオムツ替えのために寝る間もなく、疲れはたまる一方。パートナーが帰ってくるのは夜遅くだし、赤ちゃんは一向に泣き止んでくれない。この子はどうして泣いているんだろう、そんなことを考えているうちに、気づけば私の涙も止まらない……。

そう、育児休暇は決して長期の「休暇」などではなく、新米ママたちの多大な努力と苦労の上に成り立っているものなのだ。mommy bahamaが訴えるのは、全世界の人々が、性別や子どもの有無にかかわらず、この現状について知り話し合うことの必要性だ。

たとえばあなたの同僚で産休に入る人がいたら、「うらやましいな。私もあなたみたいに長い休みが欲しいわ」だとか、「ゆっくり休暇を楽しんでね!」などと声を掛けるのをやめて、彼女や赤ちゃんの健康を願ったり、努力をねぎらう温かい言葉をかけてあげよう。あなたの一言に救われる女性たちが、たくさんいるかもしれないのだ。

「新しい命を生み育てる」という奇跡を行う女性たちを、もっと労わり支えられるようになれたら。きっと、誰にとっても生きやすい社会になるだろう。私たちは誰もが、お母さんのお腹から生まれてきたということを忘れてはいけない。

【参照サイト】mommy bahama
(※画像:mommy bahamaより引用)