トヨタが若者のために作った、安全運転をしたほうが「カッコよく」見られるアプリ

最近は高齢者ドライバーによる交通事故が問題視されているが、実は事故を起こす割合が最も高いの

ガーナの若者に未来を運ぶ。竹でできた地球に優しい自転車

現在、最もエコな移動手段として注目されているのが自転車だ。世界各国で自動車から自転車での通

ドローン植林がマングローブを救う。ミャンマーで始まる森林保護のイノベーション

アジア最後のフロンティアと呼ばれ進境著しいミャンマー。長年にわたる乱伐や災害で森や生態系は

消費電力は100分の1。オランダ生まれの地下に埋めるエコ冷蔵庫「Groundfridge」

どの家にも必ずある冷蔵庫。現代の暮らしに欠かせない必需品だが、同時に最も消費電力が多い電化

時代を映し出す音。世界中の抗議デモ音声を記録した「音の地図」

誰でも一度はデモや抗議活動を街中やテレビで目にしたことがあるだろう。しかし、私たちが目にす

自家発電する三輪バイク。スペイン生まれの小柄でキュートな「モー」

最近では気候変動への対応や環境への配慮から、人々の交通手段は自転車や電気自動車といった排気

世界の飢餓に立ち向かう。フィンランド発、電気からタンパク質を生成するテクノロジー

世界の人口は2050年までに98億人まで増加し、人々の暮らしも今以上に豊かになることが予想

食料廃棄をなくす。消費期限に応じて価格をリアルタイムに変えるAIテクノロジー

世界では、毎年生産された食料の約3分の1が捨てられている。アメリカのスーパーマーケットでは

壁ではなく繋がりを。BrewDogが米メキシコ間の国境をまたぐビアバーを計画

アメリカとメキシコの国境沿いに壁を建築すると宣言したドナルド・トランプが大統領に就任してか

業界初、英国の大手ホテルが現代奴隷の撲滅に向けた取り組みを開始

「現代奴隷(Modern Slavery)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。いま、世

世界中で拡大する「ギグエコノミー」。過去1年で26%成長

世界のオンライン労働市場に関する調査をしている英国オックスフォード大学インターネット研究所

フィスカー、一気に640㎞走行可能な電気自動車を2019年から生産

アメリカの自動車会社フィスカーが先日、一気に640㎞走行可能な電気自動車を2019年から生

議事録は絵でとろう。ビジネスの常識を「描き」換えるImageThink

会議が終わったあとに「結局何が決まったんだっけ」と首をかしげたり、誰かの講演を聞き終えたあ

荷物タグが現地の音声ガイドに。機外に広がるKLMオランダ航空のおもてなし

飛行機に乗るときに荷物を預けると、行き先などの情報が書かれた荷物タグを付けられる。このタグ

大学キャンパスを走る無人電気バス。ベルリンでテスト走行開始

ベルリン医科大学シャリテ(Charite)、ベルリン交通とベルリン州が、2018年春からベ

地球の資源を使い果たす日。あなたの「オーバーシュートデー」はいつですか? #movetheday

「オーバーシュートデー」という言葉をご存知だろうか?「オーバーシュートデー」とは、人が消費