Tag Archives: ケニア

「安全な水」のための建築アイデア。ケニア発、竹とプラスチックの水道センター

赤道直下に位置する国、ケニアの人口は4,500万人。そのうち40%の人が清潔な水の確保が困難な状態であり、しばしば水道管から漏れた水がコレラなどの病気を引き起こす。川への水汲みに毎日2時間ほどかける人もいるが、その川の水は清潔だとは言い難い。
水の確保が不安定な地域の生活水準を改善するべく、ケニアに本拠を置くデザイン事務所BellTowerは、水資源センターユニット「Open Source Communities」を設計した。オープンソースを使って設計されたこの施設は、レクサスが主催する「LEXUS DESIGN AWARD 2020」で、世界各国からの応募2,042点の中からグランプリに選ばれた。
地元で調達できる竹と、丈夫でリサイクル可能なプラスチックからつくられ、防水性と断熱性に優れ、ソーラーパネルが設置された外側の屋根は日射しを最大限に活用し、雨水を効率的に集めるために30度の傾斜で固定されている。内側の屋根は傾きを調整でき、光や風を建物内にうまく取り込める。
ケニアの年間降水量は1,000ミリリットルで、汚水は砂を入れて容器で水をろ過する浄水装置を使用すると、ウイルスを86%死滅させ、バクテリアを99%除去できる。
このユニットの建設が実現すれば、子どもや妊婦の死亡率、病気に苦しむ人が減るといわれる。地域で調達できる材料で安全な水資源の確保を実現する「Open Source Communities」。サステナビリティに主眼をおきながら経済的効果ももたらす。まさにデザインが社会を変える力を持つことが実感できるプロジェクトだ。

「あげる」のではなくともに「つくる」。アフリカのエイズ孤児支援に取り組むPLAS

「パンデミック」という言葉を聞くと、多くの人が真っ先に新型コロナウィルスのことを思い浮かべ

花を贈る、を日常に。アフリカローズが展開する男性コミュニティ「ローズアンバサダー」

ある日突然、好きな人からバラの花束をプレゼントされたら、あなたはどんな気持ちになるだろう。

アフリカの女の子

SNSの“いいね!”で貧困地域の女の子に生理用ナプキンを送る「#ハートサポート2018」

貧困とは、単に「食事にありつけない」という意味ではない。むしろ「食事以外のものにありつけな

世界中にインターネットを。困難を乗り越え、ITインフラを整備する気球

ITインフラが普及したように見える現代でも、未だ世界の半数以上の人がインターネットにアクセ

ケニア国民一人ひとりを観光大使に!テクノロジーを用いたケニア観光局の新しい挑戦

アフリカの東に位置するケニア。新しい文化と伝統的な文化が織り交ざった近代的な国だ。最新のI

ケニアの中小企業の心強い味方。IBMが支援する、ブロックチェーン活用の少額融資サービス

「非公式な経済」というと、どんなことを連想するだろうか。日本では、戦後の闇市などが連想され

【まとめ】自分だけでなく世界にも彩りを。ファッションから社会を良くするアイデア12選

私たちが流行りのファッションを安く楽しめる一方で、服を生産するには大量のエネルギーや水、化

貧困をなくせるか。ケニアで始まった、史上最大規模のベーシックインカム実験

ベーシックインカムは世界の貧困問題を解決する手段になるのではないかと見られている。発展途上

廃棄サンダルをアート作品に。海を救い、雇用を生み出すケニアの会社

プロジェクトの物語は、1997年インド洋の海岸で始まった。ケニアで生まれ育った海洋保全派の