Tag Archives: シェアリングエコノミー

民泊代はボランティアで。お金がなくても世界を旅できる「Workaway」

Ideas For Goodでは以前、フリーランサーが世界中のスタートアップ企業で働き、自

【まとめ】社会をもっとよくするシェアリングエコノミーサービス10選

モノやサービスを「所有」するのではなく「共有」することでより持続可能な経済を実現する「シェ

3年で1,000台へ。シンガポールではじまった、過去最大規模の電気自動車シェアリング

温室効果ガスの増加により地球の平均気温は上がり続け、異常気象が頻発している。世界各国が対策

【まとめ】地球のどこで生まれても安心できる世界へ。難民を救うアイデア10選

国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、2016 年末時点で自国から移動を強い

【まとめ】大気汚染と向き合いクリーンな地球を目指す世界のアイデア5選

今や世界的な問題となっている大気汚染は、私たちの身近でもさまざまな健康被害を起こしている。

ニューヨーク発、船長もレンタルできるボートのシェアリングサービス「Sailo」

最近では自動車や自転車のシェアリングサービスが盛んだが、車でできるのならヘリコプターや船で

コワーキングスペースのWeWork、今後5年で1,500人の難民を雇用へ

2010年の創業ながら既に世界150都市以上にサービスを展開しており、時価総額2兆円を超え

ロンドン発、IoTでコーヒーカップのシェアリングを実現する「Cup Club」

寒さが厳しさを増すにつれ、それと同時に消費が増えるのがホットドリンクだ。朝の通勤途中にカフ

スウェーデンに誕生した、自転車で暮らす人のためのアパートホテル「Ohboy Hotel」

「私たちは街を、車で移動する人のためにつくっている。」 これは、Ohboy Hotelのア

泊まるかわりに寄付をする。被災した物件だけを集めたAirbnb「ARRIBA Mexico」

2017年9月19日、メキシコでマグニチュード7.1を観測する大地震が発生した。メキシコ政

耳の感染症をAIでリモート診断。途上国の子供を救うスマート医療デバイス「hearScope」

先進国では全く問題にならないことが、発展途上国では大きな問題になっているという事例は多々あ

石垣島をエコアイランドに。スマートスクーターのシェアリングサービスが開始

大気汚染や資源不足を背景に、次世代の交通手段として注目されているEV(電気自動車)。業界で

【コラム】傘のシェアリングエコノミーは可能か?日本と中国のサービスを比較する

昨今では、様々なシェアリングサービスが活気づいている。需要があるからには供給も必要であり、

自宅の庭で国際貢献、難民と地元コミュニティをつなぐ「友好的な家」

2017年までに、シリアを始め、南スーダン、アフガニスタン、イランなど世界各国から300万

貯蓄も寄付もスマホから簡単に。「Kidfund」に託す子供たちの未来

小さな子供のいる家庭では、いずれ教育資金が必要となることがわかっていても、将来のための蓄え

誰も一人では勝てない。2024年パリ五輪に提案された「シェアできるメダル」

日本では現在2020年の東京オリンピック開催に向けて様々な準備が進められているが、既に20

ベルリンで広まる電気スクーターのシェアリング。「COUP」が提案するエコな移動

ドイツBosch社の100%子会社であるCOUPが、2016年からベルリンで開始した電気ス

充電スタンド版Airbnb。電気自動車の利用を加速させる「Everty」

電気自動車を普及させるうえで欠かせないのが、充電インフラの充実だ。電気自動車を利用したくて

ライドシェアリングをより安全に。スイスの研究チームが位置情報の暗号化技術を開発

AirbnbやUberなどのシェアリングエコノミーサービスが広がるにつれて、より重要性が増

中国の大気汚染に立ち向かう。空気を清浄する自転車のシェアリングサービス

世界最大規模の自転車シェアを誇る中国。人々が豊かになるにつれて庶民の足は風物詩だった自転車