Tag Archives: 政府・公共機関

ロンドン発、「歩く」を楽しくするコミュニティアプリ「Go Jauntly」

家事や仕事の自動化が進み、交通手段も発達している現代では、人々の運動量は大きく低下している

失敗は成功の母。失敗作だけを集めたスウェーデンの美術館「The Museum of Failure」

私たちの生活には過去に生まれた数えきれないほど多くのイノベーションが深く関わっており、様々

Facebookで犯人逮捕。「知り合いかも」機能を活用したソーシャル捜査

街中に貼られている指名手配犯の写真や情報を私たちはどれほど意識しているだろうか。注意を払わ

パリの大気汚染に歯止めを。セーヌ川を駆け抜ける、空飛ぶ水上タクシー「SeaBubbles」

2016年12月、フランスの首都パリは冬季としては過去10年間で最悪となる大気汚染に見舞わ

ライバル同士が手をつなぐ。ロンドンで始まったコーヒーカップのサーキュラーエコノミー

欧州経済の中心地、ロンドンの朝は温かい飲み物で始まる。まだ薄暗い道を強風に震えながらオフィ

障がい者サービス版のトリップアドバイザー。障がい者の人権を向上させる「clickability」

2008年に国連の障害者の権利に関する条約を批准したオーストラリア。以降、同国では国民障が

ドバイでもうすぐ実用化される、空飛ぶドローンタクシー

砂漠の摩天楼ことドバイは、アブダビとともに元々は素朴な遊牧生活を送っていたアラブ首長国連邦

都市計画版Tinder!?行政と市民が相思相愛になる世論調査アプリ「CitySwipe」

行政が市民の意向をしっかりと吸い上げて政策に反映させるのは容易なことではない。パブリックコ

妊婦に座席を譲り合うアプリ。思いやりが生み出す収益はチャリティーへ

妊娠している女性にとって、満員電車の中を立ちながら過ごす時間は想像以上に大変なものだ。また

イスラエル発、電気自動車が走りながらワイヤレス充電できる道路

世界中で気候変動や大気汚染に対する懸念が高まるなか、地球に優しい未来の交通手段としてテスラ

ロンドン発、見えないハンディキャップを抱えた人でも席を譲ってもらえる青バッジ

世の中には、一見しただけでは分からないものの実は隠れた病気や障害を抱えており、電車やバスな

道路が発電する時代。フランスに誕生した世界初のソーラーロード

イギリス海峡を望むフランス北西部のノルマンディー地方で12月下旬、世界初となるソーラーパネ

大気汚染をクラウドソーシングで解決するアプリ。インド政府が考案

12億人を超える人々が住むインド。多民族・多言語・多宗教のこの国では、急速な工業化に伴い大

ドローンが命を救う。ルワンダで始まった世界初の公共ドローンデリバリーサービス

「ラストワンマイル」という言葉をご存じだろうか?直訳すると「最後の1マイル」という意味だが

通学路にはスパイがいっぱい。安全な道路をみんなで作るアプリ

最近では、自動車がもたらす環境への悪影響や、健康への配慮から、市民に対して自転車やウォーキ