Tag Archives: Education for Good

1日1ドルで授業が受けられる。キャリア形成を支援する、ウォルマートの大学奨学金制度

米国では、成人の4人に1人が学生ローンを抱えている。名門の多い私立大学では、4人中3人が平

様々な人種の人が一緒にブレーストーミングしている

なぜ今、オランダ流デザイン思考が求められているのか?

デザイナーの思考様式をビジネスに活用する「デザイン思考」。「デザイン思考」を用いて、クリエ

英プレミアリーグ、TV局スカイと協業でプラスチックごみ削減へ

サッカーの世界最高峰リーグの一角、イングランド・プレミアシップ。世界的に人気があり、満員の

女の子と男の子がチェスで遊んでいる

女子生徒に勝利と未来への自信を。パキスタンの学校が取り入れるチェス教育

パキスタンでは2,300万人の子どもが学校に行かない。女性の多くは18歳になる前に結婚し、

「もっと多くの教師を支援したい。」リップルが行う、仮想通貨史上最大の寄付とは

#BestSchoolDay. ツイッターをはじめとするソーシャルメディアで、突如として現

ヒップホップ×建築。自分の街のあり方と向き合う「Hip Hop Architecture Camp」

ヒップホップ(Hip Hop)は人気の音楽として、そして社会に対する意思表示の手段として親

実体験に勝る学びなし。フィンランド版キッザニアからみる新しい学校教育

社会の仕組み、仕事、働くとは何なのか。教室の中で先生から言葉で教えられただけでは理解できな

アフリカの学校で席に座っている子どもたち

デジタル格差を乗り越えるガーナの先生に学ぶ、ネットのあるべき姿とは

パソコンもない状況で、ICT(情報技術)の授業が行われる学校がある。そのひとつが、ガーナの

デザイン思考を鍛える、オラクル社の公立高校「Design Tech High School」

仕事への価値観や働き方が大きく変わった、激動の時代。あらゆる業界にクリエイティブな人材が求

起業家の卵を育てる小学校を。WeWorkが仕掛ける「教育革命」

みんながそれぞれ好きな仕事をしながら、楽しく生きられる社会を作ろう。そんなミッションを掲げ

世界で唯一、父親が母親より長く子供と過ごす国フィンランド

「生涯にわたる絆は、日常の何気ない瞬間に生まれているのです。」そう語るのは、フィンランドの

【まとめ】学びの機会を世界に広げる、ソーシャルグッドなアイデア7選

2015年に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」では、17

環境問題を子どもに伝えるための、カーボンニュートラルでできた絵本

環境問題という難しいテーマについて小さな子供と話し合うにはどうしたら良いだろうか。次世代を

政治の祭典とは?デンマークの小さな島から民主主義を考える

2011年から、毎年6月になるとデンマークのボーンホルム島ではThe People&#82

ガーナの若者に未来を運ぶ。竹でできた地球に優しい自転車

現在、最もエコな移動手段として注目されているのが自転車だ。世界各国で自動車から自転車での通

業界初、英国のホテルが現代奴隷の撲滅へ向けた取り組みを開始

「現代奴隷(Modern Slavery)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。いま、世

「ペンは剣よりも強し」の「ペン」は何を指すのか?

「ペンは剣よりも強し」という表現は、一般的に「知性や学問に勝るものは無い」という意味で使わ

太陽光で動くMP3プレーヤーが、アフリカの女性を救う

カセットやCDプレーヤーと同様に、ひと昔前は一世を風靡したのにも関わらず、今となっては見か

GoogleとUNHCRがシリア難民危機の疑問に答える「Searching for Syria」

2011年3月の勃発以来、人口の約半分が故郷を追われることになったシリア危機。500万人が

ネズミが地雷を駆逐する。においで危険を察知するHeroRAT

現在、世界では60以上もの国が未だに地雷やその他爆発性物質の危険にさらされている。地雷の存