Tag Archives: Marketing for Good

ロンドンに誕生したソーシャルグッドな水上ホテル「Good Hotel」

ホテルの仕事は最高のホスピタリティでゲストをもてなすことだが、そのおもてなしの範囲をゲスト

洋服ではなく瞬間を所有する。トロント発、洋服のシェアリングエコノミー「BORO」

多くの女性にとって、結婚式やパーティーなどの予定が入ったときの一番の悩みは、何を着ていくか

従業員が帰り道にデリバリー。ウォルマートが考えたAmazonへの対抗策

テクノロジーの進化により物流や配送の世界も効率化が進んでいるが、小売チェーン世界最大手のウ

車のインテリアに竹素材を使用へ。フォードの持続可能なイノベーション

アジアに広く自生し何世紀にもわたってさまざまな形で文化にとり入れられてきた「竹」。パンダの

ホテルが宿泊客を逆レビュー。評価経済時代の新しいおもてなしの形「Art Series Hotel」

オーストラリアのギャラクシーリサーチが実施したホテル宿泊客の行動に関する調査結果は、とても

中古車を売って電動自転車を買う。環境にもお財布にも優しいトレードプログラム

大気汚染や環境破壊に対する懸念が高まっている昨今では、世界中の都市で環境への配慮を理由に自

空気をキレイにする看板。米トヨタ「ミライ」のエコなプロモーション

公共の交通機関とは違って、時間帯や距離に関わらず自分の思い通りに移動ができる自動車は、今や

すべての人に健康的な食事を。所得によって価格が変わるレストランEverytable

どこに住んでいるかによって、何を食べるかが左右される。アメリカではフルーツや野菜などの健康

住宅もオンデマンドで。世界中に自宅が持てる月額制ホームレンタル「StayAWhile」

私たちの日々の暮らしに欠かすことのできない「家」。一般的に、家を借りるときは不動産業者を回

時は金なり。オランダのハーグで始まっている「時間」という地域通貨

「お金をもらっている以上はしっかりやってくれ。」仕事場でよく耳にする説教文句の定番だが、で

オフィスのBuy One, Give One。企業とNPOが出会う場所「BuyGiveWork」

今、世界では商品を一つ購入するごとに同じ商品を一つ寄付する「Buy One, Give O

輸送業界の注目株。廃棄食料で走るトラック

二酸化炭素をあまり排出しない、環境に優しい燃料と言えばバイオディーゼル燃料や電気エネルギー

偏見と差別を無くす。力強く愛のあるキャンペーン「Love Has No Labels」

米国は、多様多種な民族により形成された国である。しかしトランプ新大統領就任後、人種差別とも

全ての人に金融へのアクセスを。ナイジェリアの太陽エネルギーで移動する銀行

日本では、誰もが銀行口座を持っていて当然だと思っている。しかし、国が変わると事情は全く異な

小売店と消費者のおいしい関係。フィンランド発のフードレスキューアプリ「Froodly」

フードレスキューアプリ。これは新たなムーブメントと言えるかもしれない。以前にも、食糧廃棄の

「見えないサービス」でおもてなし。地元の暮らしを提供するホテル「Lokal」

ホテルに滞在中、なんだか窮屈に感じたことはないだろうか。そっとしておいてほしいのに、到着す