Tag Archives: Shopping for Good

オランダのインテリアブランドが提案する、デジタルな「偽物撃退法」

デジタル化が進み、オンラインショッピングがますます身近になってきた昨今、増加しているのが「

ヘアケアブランド

美容業界初。100%海洋プラスチックからパッケージを作るヘアケアブランド

毎年800万トンのプラスチックが海に流れ出ており、2050年までには魚の数を超えると言われ

サステナブルな未来へ歩もう。リーボックの植物由来スニーカー「Cotton+Corn」

スニーカーブームは冷めやらない。履きやすくデザイン性にも富んだファッションアイテムとして市

廃棄予定食品は半額に!30万人以上が利用するスウェーデン発アプリとは

「フードロス」という言葉を聞いたことはあるだろうか。これは、人間のために生産された食料が、

プラスチック袋削減に成功するドイツ。日本の「おもてなし」は何を目指そう?

現在、世界で利用されているプラスチックの廃棄が問題となっている。プラスチックが海に流れつく

世界初!「ファッション×イノベーション」を学ぶアムステルダムの体験型美術館

海やBBQといったアクティブな活動がぴったりくる季節が過ぎ、だんだんと近づく秋の空気を肌で

これぞ地産地消。ベルギーのスーパーが屋上で採れた野菜の販売を開始

「フードマイレージ(food mileage)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これ

ペットボトルよさようなら。英国テスコ、水の販売もアルミ缶にシフト

海洋に流れ着くプラスチックごみは、年間約800万トンと言われる。プラスチックは海洋生物への

ホテルをサステナビリティ体験の場に。欧州で広がる「BIO HOTEL」が日本に上陸して気付くこと

多くの人が愛する旅。思い出に残る「現地での体験」のひとつが、宿泊だ。自分の泊まるホテルが社

英国初のエシカルファッション比較サイト「Compare Ethics」で探す、お気に入りの一着

環境や社会、動物の権利などに配慮した「エシカルファッション」。日本でも、百貨店でエシカルフ

どんな肌色にも合う化粧品を。LUSHが開発する固形ファンデーション

人々の価値観やライフスタイルが多様化する近年では、ものづくりにも多様性の視点が欠かせない。

食糧廃棄を減らし、貧困層の生活も支える。カナダの「値札のないスーパー」とは?

長期海外生活を送る筆者がたびたび実感するのが、日本はきわめて美食な国だと言うことだ。和食は

「持たずに借りる」エシカルTシャツ、アメリカでデビュー

流行の服が欲しい。違う色の服が欲しい。違うデザインの服が欲しい。私たちの欲望はとどまること

フランス、売れなくなった衣服の廃棄を禁止へ

食料廃棄が世界で大きな問題になっているのは自明だ。日本は言わずもがなであるが、欧州諸国でも

なぜ「多様性」が大事なのか?LUSHの取り組みが教えてくれたこと

最近、「職場におけるダイバーシティ(多様性)を推進しよう」といった意見をよく聞く。しかし、

日本でも販売中。ベルリン生まれのコーヒーかすから作るコーヒーカップ

世界中で愛されているコーヒー。朝起きて飲む、一杯の熱いコーヒーは格別だ。これからの季節の昼