Tag Archives: Shopping for Good

プラスチック削減に成功するドイツ。日本の「おもてなし」は何を目指そう?

現在、世界で利用されているプラスチックの廃棄が問題となっている。プラスチックが海に流れつく

世界初「Fashion for Good」を集めた体験型美術館、アムステルダムにオープン

海やBBQといったアクティブな活動がぴったりくる季節が過ぎ、だんだんと近づく秋の空気を肌で

これぞ地産地消。ベルギーのスーパーが屋上で採れた野菜の販売を開始

「フードマイレージ(food mileage)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これ

ペットボトルよさようなら。英国テスコ、水の販売もアルミ缶にシフト

海洋に流れ着くプラスチックごみは、年間約800万トンと言われる。プラスチックは海洋生物への

ホテルをサステナビリティ体験の場に。欧州で広がる「BIO HOTEL」が日本に上陸して気付くこと

多くの人が愛する旅。思い出に残る「現地での体験」のひとつが、宿泊だ。自分の泊まるホテルが社

英国初のエシカルファッション比較サイト「Compare Ethics」で探す、お気に入りの一着

環境や社会、動物の権利などに配慮した「エシカルファッション」。日本でも、百貨店でエシカルフ

どんな肌色にも合う化粧品を。LUSHが開発する固形ファンデーション

人々の価値観やライフスタイルが多様化する近年では、ものづくりにも多様性の視点が欠かせない。

食糧廃棄を減らし、貧困層の生活も支える。カナダの「値札のないスーパー」とは?

長期海外生活を送る筆者がたびたび実感するのが、日本はきわめて美食な国だと言うことだ。和食は

「持たずに借りる」エシカルTシャツ、アメリカでデビュー

流行の服が欲しい。違う色の服が欲しい。違うデザインの服が欲しい。私たちの欲望はとどまること

フランス、売れなくなった衣服の廃棄を禁止へ

食料廃棄が世界で大きな問題になっているのは自明だ。日本は言わずもがなであるが、欧州諸国でも

なぜ「多様性」が大事なのか?LUSHの取り組みが教えてくれたこと

最近、「職場におけるダイバーシティ(多様性)を推進しよう」といった意見をよく聞く。しかし、

日本でも販売中。ベルリン生まれのコーヒーかすから作るコーヒーカップ

世界中で愛されているコーヒー。朝起きて飲む、一杯の熱いコーヒーは格別だ。これからの季節の昼

自転車に乗った女性が旅行バッグを持っている

エシカルブランド「SALASUSU」が紡ぐ、買い手と作り手の人生の交差点

機能的で爽やかなデザインが目を引くおしゃれなバッグやストール。バッグの内側には作り手の名前

世界初、オランダのスーパーに登場した「完全プラスチックフリー」の食品売り場

オランダの首都アムステルダムでは、その昔から数々の革新的なアイデアが生まれてきた。1602

スタートアップの製品だけが並ぶストア、ベルリンに登場

ドイツの首都でありスタートアップの聖地ベルリンで、2018年3月17日(土)にユニークなス

「愛のある選択」を。 難民の人々に必要なものをプレゼントできるストア

「愛のある選択(Choose Love)」は、難民の人々の生活に欠かせない物資を直接購入し