Monthly Archives: 12月 2018

若者の失業問題を解決せよ。学生のためのノーベル賞「Hult Prize」が東工大で開催

世界1,200以上の大学の学生らが社会課題の解決につながるビジネスアイデアを競い合う、「学

あなたは「フセイン」と働きたい?自分の中にある無意識の差別意識に気づかせるWebムービーが公開

まずは、あなた自身の目で動画を確かめてみてほしい。 「アイ アム フセイン―私はフセインで

【ベトナム特集#7】地元っ子おすすめ!プラスチックフリーを掲げるおしゃれなハノイのカフェ・レストラン3選

「ガイドブックに載っている観光地に飽きてしまった」「地元の人行きつけのお店を訪ね、ローカル

水道管の水漏れを検出するAI技術、カナダで開発進む。水のムダ、コストを削減へ

カナダのオンタリオ州にあるウォータールー大学研究チームが、街の水道管からの水漏れを検出する

イケアが家庭菜園プロジェクトをスタート。野菜は自宅で生産する時代

もしも、野菜や果物を都会の限られたスペースでも栽培することができたら……?輸送距離が今より

Kilomet109

【ベトナム特集#6】古くからある伝統に“モダン”を。職人と若者をつなぐスローファッション「Kilomet109」

いま、世界にはファストファッションが溢れている。リーズナブルで着こなしやすい、いまどきのフ

勉強よりも「幸福」を教える学校、2020年にインドで開校予定

数多くのITエンジニアを輩出しているIT大国インド。Googleのスンダー・ピチャイ氏、M

オランダのインテリアブランドが提案する、デジタルな「偽物撃退法」

デジタル化が進み、オンラインショッピングがますます身近になってきた昨今、増加しているのが「

Farming kindergarden

【ベトナム特集#5】世界が注目する持続可能な農業幼稚園。そのデザインに込められた、ある日本人建築家の想いとは?

絶え間なく走るバイク。大気汚染。近年、目覚ましい発展を遂げているベトナムの温室効果ガス排出

漁業ゴミで燃料をつくる。ノルウェーの海運会社が仕掛けるエコなクルーズの旅

クルーズ船の旅が人気だ。いま世界では、300隻ものクルーズ船が存在している。綺麗で快適な、

「豆」が卵になる時代。ビーガンでも食べられる代替卵が登場

代替食についてご存知だろうか。代替食とは、魚や肉の代わりに昆虫や植物性の原料を使用するとい

火災から命を救う「即席ウォーター・マスク」、韓国学生が開発

火災での死因の半数以上が煙の吸引によるものといわれ、日本に限っても一酸化炭素中毒・窒息がほ

【ベトナム特集#4】イエもクルマもシゴトバも。新興国ベトナムで進むシェアリングエコノミーの最前線

ベトナムという言葉を聞いたとき、皆さんはどんなイメージを思い浮かべるだろうか。癒しの国。社

橋

古い橋をゼロエネルギーアパートに。オランダ発のサステナブルな建築デザイン

低湿地帯に位置し、国土の4分の1が海面下にあるオランダでは、川や運河が網の目のように張り巡

効率は自然繁殖の100倍。サンゴ礁を救うのは、オーストラリア生まれの海中を泳ぐロボット

南国の海に広がる、色とりどりのサンゴ。多くの生物が住み処をつくる、海洋生物の宝庫だ。しかし

【ベトナム特集#3】とっておきの「旅の思い出」だけを売るショップ“Collective Memory”

ベトナムの首都ハノイのショッピングストリートに、個性的で目を惹くショップがある。ローカルな