All posts by 水野 渚

都心から1時間弱に、世界初の廃プラから生まれる水素発電型リゾートホテルが誕生

神奈川県川崎市。かつて石油化学コンビナートが立ち並び、京浜工業地帯として栄えた川崎に対して

「環境のため」は当たり前。スタバのコーヒー豆リサイクルの先にあるのは?

いま、スターバックスコーヒージャパン株式会社(以下、スターバックス)が日本発の取り組みとし

キャンパスは日本全国!「次世代型大学」で学ぶ、自分らしいコミュニティの創り方

人が一定数集まれば、そこには「コミュニティ」が形成される。それは、地域、学校、職場、趣味サ

イギリスが海洋保護の動きを加速化。スキンケア用品に含まれるマイクロビーズを禁止

一人当たりの魚の消費量が世界上位の日本。日本ほど、種類豊かで新鮮な魚を安心して食べられる国

じぶんの見方を変えれば世界は変わる。広告博物館の「ひとを幸せにする広告」

広告は、企業の商品を売るためのツール。そう思っている人も多いだろう。それは間違いではない。

パリとベルリンのスタートアップは難民の人とどう一緒に未来を作っているのか?

「難民」という言葉を聞いたとき、あなたはなにを思い浮かべるだろうか?「国から逃れ、帰る場所

アイスクリームを食べて地球を冷やす。ブロックチェーンを使ったカーボンオフセット

日差しが強く、コンクリートの路上で立ち尽くしていると身体の表面がとろけだしそうなほど蒸し暑

【まとめ】脱プラスチックへと突き進む世界。その深刻な理由と驚くべき問題解決アイデアとは?

EUは、2030年までにすべてのプラスチック包装をリサイクルし、使い捨てプラスチックを削減

デンマークの首都コペンハーゲンのニューハン

デジタル国家のデンマークで起こっている、世界最先端のイノベーションとは?

デンマークといえば、家具やデザイン、アンデルセンが人気だ。最近だと、「ヒュッゲ」という言葉

なぜ「多様性」が大事なのか?LUSHの取り組みが教えてくれたこと

最近、「職場におけるダイバーシティ(多様性)を推進しよう」といった意見をよく聞く。しかし、

様々な人種の人が一緒にブレーストーミングしている

なぜ今、オランダ流デザイン思考が求められているのか?

デザイナーの思考様式をビジネスに活用する「デザイン思考」。「デザイン思考」を用いて、クリエ

井上兄弟の横並び写真

デンマーク育ちの日本人デザイナーが考えるエシカルなファッションと生き方

誰だって、”おしゃれ”で”かっこいい”ファッションが好きなはずだ。そのファッションがたまた

自転車に乗った女性が旅行バッグを持っている

エシカルブランド「SALASUSU」が紡ぐ、買い手と作り手の人生の交差点

機能的で爽やかなデザインが目を引くおしゃれなバッグやストール。バッグの内側には作り手の名前

コペンハーゲンのニューハン

デンマークで学んだ、今日からできるサステナブルな暮らしのアイデア3選

最小限のモノで暮らすミニマリスト。モノが少ないと部屋だけでなく思考までがスッキリするので、

朝クラブで多くの人が楽しく踊っている

生産性向上へ、通勤前にクラブで踊るイギリスの「朝活」

世界的に「朝活」がブームだ。その代表的なもののひとつが、通勤前のジム通いだろう。イヤホンで

仮想通貨イーサリアムを手に持つマイナー

仮想通貨のマイニングがシリア難民を救う。ユニセフが提案する新しい寄付の形

シリア内戦から早7年が経過した。しかし、その傷は癒えず、シリア国民の約半数が今も自国から避

木製のミニチュアハウスの前に硬貨が積まれている

住宅ローンを組むだけでカーボンオフセットできる、世界初のグリーンモーゲージ

ソーラーパネルの設置や屋上の緑化など、エコ住宅に関心がある人も多いだろう。最近ではそういう

環境を汚さないと誓った人だけ入国可能に。パラオの世界初となる観光政策

国連世界観光機関(UNWTO)によると、世界の海外旅行者数は2016年に12億人に到達し、

【まとめ】世界最大のマイノリティ、障害者が暮らしやすい社会にするアイデア12選

世界人口の約15%にあたる10億人が何らかの障害を持って暮らしている。見た目でわかりやすい

【まとめ】自分だけでなく世界にも彩りを。ファッションから社会を良くするアイデア12選

私たちが流行りのファッションを安く楽しめる一方で、服を生産するには大量のエネルギーや水、化