Tag Archives: ローカリゼーション

Food.social

ロンドン発、食のAirbnb「food.social」店舗を持たない世界最大のレストランを目指す

いま、アセットを持たないさまざまなビジネスモデルが増えている。店舗を持たないECサイトは今

南九州で開催される夏フェス2018年のようす

【7/19イベント開催】地方で「旅するように働きたい」人集まれ!鹿児島・南九州のソーシャルイノベーターに会う夜

\地方×副業×ソーシャルイノベーション!/ IDEAS FOR GOODがもうすぐローンチ

バニラビーンズ

「慣れ親しんだスイーツにも疑問を持って」神奈川のチョコレート専門店が目指す、フェアな地産地消ビジネス

冷たい飲み物が美味しく感じられる季節。鎌倉で、ひんやりとした“エシカル”ドリンク「ショコラ

神社×SDGs!? 1000年続く神社から学ぶ、持続型ビジネスのエッセンス

平成から令和になった5月、日本の歴史に思いを馳せ、神社に足を運んだ人もいるのではないだろう

取手のアートのある団地

「郊外だからこそ実現できた。」茨城県取手市の『アートのある団地』で、住民の生活に馴染むアートを考える

「郊外の団地」と聞いて、あなたはどんな光景を思い浮かべるだろう。古くて狭い家に、低所得者や

【JAPANソーシャルビジネスサミット2019レポ後編】地域の金融機関にみる、日本の金融のこれから

2019年3月17日(日)、『JAPANソーシャルビジネスサミット2019』が開催され

【JAPANソーシャルビジネスサミット2019レポ前編】社会起業家が語る、グローバルとローカルから見た日本の今

2019年3月17日(日)、『JAPANソーシャルビジネスサミット2019』が開催され

ラダックの女性

インド・ラダック地方で守る「地域経済」と「女性の力」。“しあわせの経済”を目指す伝統工芸ショップをオープン

インド北部のラダック地方にて、「観光業と地域経済の共存」と「地域に住む⼥性のエンパワーメン

【東北のいま#3】キャンパスは「まち全体」人口減少がすすむ陸前高田市でデンマーク流の学びを実践する学校

岩手県の南東部、陸前高田市で、何もない無人駅に降り立った。正確には何もないわけではなく、新

NPO法人SETメンバー

【東北のいま#2】移住の決め手は「先輩の輝く背中」。陸前高田市広田町に若者が集まる理由

岩手県陸前高田市広田町。ここには若者が日々移住してきており、さらに町民を巻き込んだイベント

主役は市民。シェアリングエコノミーで地域の魅力をリデザインする千葉市の挑戦

「千葉市」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。千葉市は幕張メッセ、マリンスタジアムといった集

地元のパン屋

添加物が入っていない「リアルなパン」を買おう。健康、地域、地球にグッドな英国のキャンペーン

今や日本でも朝食はごはんではなくパン派、という人が約半数を占めるという。それだけに、パンに

「何もない地域」を「心温まるふるさと」に変える、おてつたびの挑戦

近年、地方創生の文脈で「関係人口」という考え方が注目されている。関係人口とは、旅行者以上、

【徳島特集 #0】「阿波国」徳島で、地域課題を解決するアイデアを見つける

四国の東端、徳島県。阿波踊りや「お遍路」の起点、鳴門のうずしお、などのイメージを持つ徳島県

【ベトナム特集#3】とっておきの「旅の思い出」だけを売るショップ“Collective Memory”

ベトナムの首都ハノイのショッピングストリートに、個性的で目を惹くショップがある。ローカルな

旅人必見。ユネスコが提案する、持続可能な「ヨーロッパ世界遺産の旅」

グローバル化が進んだ現代、旅はますます身近なものになってきた。海外旅行に出かける人の数は年