Tag Archives: 食糧危機

廃棄予定の機内食を必要な人に届ける、オーストラリアの非営利団体

長距離フライトに搭乗する際は、飲食に事欠く心配はない。それは、機内の行動範囲や物資の調達が

食糧廃棄を減らし、貧困層の生活も支える。カナダの「値札のないスーパー」とは?

長期海外生活を送る筆者がたびたび実感するのが、日本はきわめて美食な国だと言うことだ。和食は

テクノロジーで食べ物のムダを減らす。AI搭載のタッパーが登場

あなたは、年間に800万人もの人々が飢餓により死亡していることをご存知だろうか? 飢餓の問

食用昆虫で作る、未来のファストフード。イケアが挑む食糧危機問題

世界の諸問題の中でも、最もわかりやすく人々を苦しめているものの一つが食糧問題である。お腹が

ブロックチェーンで食糧支援を効率化。WFPが進める「Building Blocks」

現在世界では8,000万人以上もの人々が飢えにより危機的な状況にあるとされている。自然災害

必要な水は10分の1。砂漠の地、ドバイに誕生した垂直農場「Badia」

アラブ首長国連邦(以下UAE)のドバイに、ペルシア湾岸地域6か国で初めての商業垂直農場「B

スウェーデンに建設中の、農業とオフィスが共存した高層ビル「World Food Building」

日本では少子高齢化が問題になって久しいが、世界全体で問題になっているのはむしろ人口爆発だ。

期限切れでも食べられる品を「与える」Real Junk Food Project

食べ物の賞味期限や消費期限が切れていても、大丈夫だと自己判断して食べたことがあるという人は

世界の飢餓に立ち向かう。フィンランド発、電気からタンパク質を生成するテクノロジー

世界の人口は2050年までに98億人まで増加し、人々の暮らしも今以上に豊かになることが予想

地球の資源を使い果たす日。あなたの「オーバーシュートデー」はいつですか? #movetheday

「オーバーシュートデー」という言葉をご存知だろうか?「オーバーシュートデー」とは、人が消費

脂肪を燃やして寄付にするアプリ「Charity Diet」

世界には肥満に悩む人々がいる一方で、飢餓に苦しむ人がいる。インペリアルカレッジ・ロンドンと

アプリの力で食料廃棄と飢餓を撲滅。Googleも出資する「MealConnect」

世界中の人々が地球環境について考える4月22日の「アースデイ(地球の日)」に合わせて、アメ

肥満の子どもが運動するほど、飢餓に苦しむ子どもが救われるウェアラブルバンド

WHOによると、世界中の5歳以下の子どもの死因のうち、飢餓による栄養失調を原因とする死は3

小売店と消費者のおいしい関係。フィンランド発のフードレスキューアプリ「Froodly」

フードレスキューアプリ。これは新たなムーブメントと言えるかもしれない。以前にも、食糧廃棄の

食糧廃棄を減らす。レストランの売れ残りメニューを格安で買えるアプリ「FoodForAll」

今、世界では毎年人間のために生産された食糧の約3分の1が、消費されることないまま廃棄されて

砂漠の中でトマトを育てる。農業とテクノロジーの新たな融合

農作物を育てるには豊かな土壌や気候、日照時間など様々な条件が必要となる。しかし、昨今では地