Tag Archives: ESG投資

【1/18開催】企業とNPOの関係をリデザインする「寄付」のニューノーマルとは?

1月18日に開催されるIDEAS FOR GOOD Business Design Labのイベントでは、NPOのためのファンドレイジングサービス「コングラント」代表取締役、そしてアクトコインを運営するソーシャルアクションカンパニー株式会社代表取締役でもある佐藤正隆氏と、クリエイティブの力で社会課題解決に取り組むドキュメンタリストの高島太士氏をゲストに迎え、NPOと企業両方の視点から、これからの時代に求められる「寄付のニューノーマル」について紐解いていきます。

globalance world

「あなたの投資のエコ度は?」スイスの銀行が立ち上げた、持続可能なデジタルプラットフォーム

企業や自治体による環境への貢献度に関する情報開示が求められる中、スイスに本拠を置く銀行Globalance Bankは11月16日、持続可能な投資のためのデジタルプラットフォーム「Globalance World」を立ち上げた。Globalance Bankが2012年に導入したGlobalance Footprintに基づき、新たにインタラクティブ機能が追加された同プラットフォームでは、6,000社以上の上場企業が毎日更新するデータをもとにした展望とインタラクティブな報告が提供される。投資家やステークホルダーは、無料でGlobalance Worldにアクセスし、各企業の経済・社会・環境への影響を知ることができる。同プラットフォームの特徴は、気候変動やCO2排出量、現在のメガトレンドや利益といった項目ごとに、独自の株式やポートフォリオ、指標や持続可能性が分析・評価されること。これにより、自らの投資が世界に与える影響を知ることができるようになる。評価は、Carbon DeltaやMSCI、MorningstarやFactsetなどの信頼されているサプライヤーからのデータおよび分析、同プラットフォームの専門家が開発した独自の方法を組み合わせて行われる。

【7/31・オンラインセミナー】「Covid-19における企業対応の国際比較」日本マーケティング学会 サステナブルマーケティング研究会主催

新型コロナウイルスによる世界的なパンデミックにより、ビジネス環境や私たちの生活スタイルは一

コモンズ投信 澁澤健さん

寄付は社会への投資。渋澤健氏に聞く、コモンズ投信が「本業として」寄付に取り組む理由とは?

日本国内の寄付者や寄付額は年々増え続けている。地域おこしや大規模災害などへの寄付など、現在

AIが分析する企業の「SDGs達成度」サステナブル・ラボが提供する新たな指標とは

SDGs(持続可能な開発目標)のゴールとなっている2030年まで、あと10年。2019年9

【欧州CE特集#4】オランダ最大手ING銀行に聞く、サーキュラーエコノミーは金融をどう変えるか?

サーキュラーエコノミーが経済の仕組みそのものの根本的なシフトだとすると、常に経済の中心で重

【10/18イベント開催!】SDGs時代における消費者意識と欧米サステナブル・マーケティングの最前線

~世界中のソーシャルグッドなビジネスアイデア事例を一挙にご紹介~ 気候変動やエネルギー問題

世界初のヴィーガンファンド

投資もエシカルに。ニューヨーク証券取引所に世界初「ヴィーガン」ETFが上場へ

近年、買い物をする際に、ヴィーガンを意識する動きが広まっている。気候変動への影響や動物保護

オーストラリア初のサステナビリティローンを導入した空港

炭素を減らすほど「お得」なローン。オーストラリアの空港が導入

オーストラリアのゴールドコースト空港を運営するクイーンズランド空港株式会社(QAL)が20

自分の温室効果ガス排出量を計算してオフセットできる投資アプリ「Wren」

2016年にパリ協定が発効され、全世界で地球温暖化対策に向けた取り組みの強化が求められてい

a-shef-in-the-retaurant

英国発の飲食店サステナビリティ格付、日本で始動。仕掛人の元シェフ松山喬洋氏が語る食の未来

すべての人が日々何気なくとっている食事。食事の重要性を意識している人は少なくないが、多くの

山田さんと落合さんのツーショット

私の選択が、誰かの幸せに。時計を通じて「ちょっといいこと」を考えるシチズンのキャンペーンNew TiMe, New Me

本当の幸せって、なんだろう。 できることなら、みんなでハッピーになりたい。 始まりはちいさ

Good Money

預金で社会貢献。顧客の意思を汲み、エシカル投資を行うオンラインバンクGood Money

あなたは普段、自分の預金がどのように使われているかを意識することがあるだろうか。顧客から預

CSVのアイデアは現場にある。MS&ADグループに学ぶサステナブルな事業のつくりかた

2015年9月、国連で2030年までの世界全体における持続可能な開発目標、通称「SDGs(

植林がお金をつくる。毎年150億本の木が伐採される現代のビジネスチャンス

WWF(世界自然保護資金)によると、世界の森林は1分ごとに約25ヘクタール失われているとい