Monthly Archives: 6月 2018

ライドシェアの車内が売店に。シェアエコから新しいビジネスが生まれる

世界ではライドシェアに関連した新しいビジネスモデルが生まれている。アメリカのスタートアップ

シティ・オブ・ロンドンの英断。ロンドン中心部の電力を100%再生可能エネルギーに

華やかな東京ライフを謳歌していた学生時代。年に2回の故郷への帰省で、毎回驚いたことがある。

ペダルをこいで自家発電。地球にも健康にも良いフィットネスジムがロンドンに誕生

私たちみんなの願いである健康。健康を保つには、適度な運動をして丈夫な体をつくること、そして

口唇口蓋裂の子供への理解を深めよう。欠けたカトラリーで食べる“スペシャルディナー”

あなたがある日、「ザ・リッツ・カールトンでのスペシャルディナー」に招待されたときのことを想

テクノロジーで食べ物のムダを減らす。AI搭載のタッパーが登場

あなたは、年間に800万人もの人々が飢餓により死亡していることをご存知だろうか? 飢餓の問

次の旅行は手ぶらで行こう。AIで自動追跡するスーツケース「Ovis」

もうすぐやってくる夏休み。お盆などには、旅行を計画している人も多いだろう。洋服や土産など、

気候変動の対策に「一刻の猶予もない」ローマ法王が石油会社に発したメッセージ

昨年、アメリカのトランプ大統領が各国パリ協定からの離脱を表明し、世界に大きな衝撃を与えた。

「持たずに借りる」エシカルTシャツ、アメリカでデビュー

流行の服が欲しい。違う色の服が欲しい。違うデザインの服が欲しい。私たちの欲望はとどまること

スウェーデンの小学校の教科書に見る、子供の創造性を高める3つのヒント

イケアやH&M、Volvo、Spotifyなど、日本でもよく知られるようなイノベーションを

「育児休暇は休暇じゃない!」育休中の女性の苦労を訴える“バケーション”ウェア

人類の祖先が地球に誕生して20万年。そこから連綿と続いてきた命のバトンは私たちの手に渡り、

より軽く、より少ない燃料で飛ぶ。エミレーツ航空が窓のない機体を発表

最新のテクノロジーを駆使した豪華な空の旅が生まれている。4月19日、アラブ首長国連邦の航空

じぶんの見方を変えれば世界は変わる。広告博物館の「ひとを幸せにする広告」

広告は、企業の商品を売るためのツール。そう思っている人も多いだろう。それは間違いではない。

アートで環境問題を訴える。メキシコで開催されたアーティビズムとは?

水は、わたしたち人間を含め、世界のありとあらゆる動植物の生命にとって重要なもの。 しかし、

ジェンダー格差改善に進むか?サウジアラビアで女性に初の運転免許証を発行

世界の男女格差を比較する世界経済フォーラムの『The Global Gender Gap

プラスチックごみでクレジットカードを作る。海洋廃棄問題に取り組むアメックス

「海洋プラスチック憲章」の進展をめぐり、最近、改めて海に浮遊するプラスチックごみ問題が注目

製品の75%に再生素材を使用。ナイキが進めるサステナブルなイノベーション

年齢や国境を越えて楽しむことができ、私たちのココロもカラダも健康にしてくれるスポーツは、ま

ゲームももっとインクルーシブに。手足が不自由でも簡単に使えるコントローラー

アメリカは、常に世界のさまざまな国に兵を送り出している国だ。故に、傷病兵のリハビリがいつも

パリとベルリンのスタートアップは難民の人とどう一緒に未来を作っているのか?

「難民」という言葉を聞いたとき、あなたはなにを思い浮かべるだろうか?「国から逃れ、帰る場所

イタリア発、着るだけで周りの空気をきれいにするTシャツ「RepAir」

大気汚染から気候変動にいたるまで、世界中で環境問題が取り沙汰されるなか、私たち一人ひとりは

倫理的なテクノロジーの活用を。グーグルが「AI利用原則」を発表

革新的な技術は、使い方次第で脅威にも人々を助けるものにもなりえる。原子爆弾の原理となる画期