資生堂が手がけるショートフィルム『The Party Bus』メイクの力で勇気を出す3分半

Browse By

大手化粧品ブランドの資生堂が、『The Party Bus 好きだなんて言えない』という「メイクの力」をテーマにしたショートフィルムを公開した。ハロウィンの時期にぴったりな華やかな広告だが、意味深なタイトルがついているように、物語はただきらびやかなだけでは終わらない。

ソーシャルメディア上では、Youtubeの広告動画として出てくるこの動画に対し「美しすぎてスキップできなかった。」「見入ってしまって元々何の動画を見たかったのか忘れてしまった。」というコメントが送られるなど、大絶賛されている。

内容を少しご紹介したい。主人公が扮する“かぐや姫”は、“サムライゾンビ”とは親友。彼女には“ドラキュラ”という恋人がいるが、サムライゾンビからの友達以上の感情に気付きつつあった。

仮装した人々が盛り上がるパーティーバスで、強引にサムライゾンビから引き離されるかぐや姫。ドラキュラがキスをしようとして、かぐや姫は目を閉じる。

資生堂 『The Party Bus』

Image via Shiseido

その時、彼女の頬に一筋の涙が伝い、口紅を溶かした。その口紅が踊り出し、アイメイクと共に彼女の顔を舞台にストーリーを紡ぐ。

資生堂 『The Party Bus』

Image via Shiseido

資生堂 『The Party Bus』

Image via Shiseido

資生堂 『The Party Bus』

Image via Shiseido

目を開けるかぐや姫。メイクが教えてくれた、自分の本当の気持ちを胸に、彼女が走って向かったのは……?

資生堂 『The Party Bus』

Image via Shiseido

ご紹介はここまで。結末は、ぜひご自身の目で確かめていただきたい。

資生堂は2015年にも、ストーリー性のあるWEB動画『High School Girl? メーク女子高生のヒミツ』で日本中を驚かせた。今回のショートフィルムは、同社が「Amazon Fashion Week TOKYO」の公式コスメティックスポンサーになったことを記念して制作されたという。

迷ったとき、新しい何かに立ち向かうとき。私たちはメイクアップをすることで、自分に自信を持つことができる。そして少し勇気を出して、行動できる。誰かのためではなく、自分自身のために。そんなことを思わせてくれる3分半となっている。

また、少しネタバレになってしまうが、今回のショートフィルムでは同性愛も描かれている。世界規模で活躍する資生堂が伝えたい、LGBTQへのリスペクトも感じられる。私たちを勇気づけてくれるメイクの力を伝える、短くも力強いメッセージ動画だ。

【参照サイト】THE PARTY BUS | 資生堂