Tag Archives: Art for Good

美しいだけじゃない。廃棄ビニール袋から、色とりどりの花を生み出すアーティスト

満開の桜。道端にそっと咲いていたタンポポ。甘い香りに誘われ立ち寄った花屋さんで買った、一輪

VRデバイスを身につけた人がバーチャルな相手と鏡合わせになっている

「触れて観る」プラハでの新しいアート体験。VRと手袋のコラボレーションで可能に

レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザやミケランジェロのダビデ像、ゴッホのひまわり。世界には多

「落書きする俺、ひょっとしてダサい?」公共バスの破壊を防止する、イタリアの一風変わったキャンペーン

「行儀よくまじめなんて クソくらえと思った」「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった」 かの有名

別れの博物館の看板

別れを展示する博物館。悲しみを癒し、次の人間関係に進むきっかけに

「2016年3月13日3:00、自ら命を絶った姉のスマホです。」 「祖父はこのダルマに私の

オーストラリア北部特別地区出身のアーティストEmily氏がデザインしたカンタス航空の新しい機体

豪カンタス航空が機体デザインに込めた、先住民への思い

あなたは旅行で飛行機に乗るとき、何を基準に航空会社を選ぶだろうか。値段、品質、それとも口コ

Prototypes

国境に壁のプロトタイプを建てたトランプ大統領は芸術家なのか?

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、2016年の大統領選でアメリカとメキシコを隔てる壁を

仏大統領に賛同したケ・ブランリ美術館。アフリカの文化遺産を返還へ

昨年11月、フランスのマクロン大統領がブルキナファソでのスピーチで「フランスが所有するアフ

【まとめ】社会課題をカッコよく解決する、フランスのソーシャルグッドなアイデア5選

花の都パリや美食、洗練されたファッションなどで知られるフランスが、近年では環境先進国として

仏マクロン大統領、フランスの美術館にあるアフリカの文化遺産を返還する姿勢を表明

美術館に展示されている作品はどうやって集められているのだろうか。巨額の資金で買い集めてきて

銀座蔦屋書店にて無料開催中の写真展全体像

「違うからこそ美しい」、写真家蜷川実花が写すパラアスリートたちのグラフィックマガジン

2020年にオリンピック、そしてパラリンピックの舞台となる東京。2016年にNHKが行った

トリックアートで交通事故を防ぐ。アイスランドに登場した、立体に見える横断歩道

信号機のない小道では、横断歩道を歩行者が渡ろうとしているにも関わらず、自動車が速度も落とさ

ゴッホの絵をモチーフにした、サステナブルな自転車道「Van Gogh Path」

The Starry Night(星月夜)は、ゴッホがフランスの精神病院で療養していたとき

議事録は絵でとろう。ビジネスの常識を「描き」換えるImageThink

会議が終わったあとに「結局何が決まったんだっけ」と首をかしげたり、誰かの講演を聞き終えたあ

デンマークで見つけた、社会を良くするデザインたち

デンマークの首都コペンハーゲンにあるデザイン博物館には、デンマークの有名デザイナーの椅子や

ブロックチェーンでアート作品と投資家を結びつけるプラットフォーム「Maecenas」

近年、東アジアや東南アジアの富裕層がアート作品を投資として購入するようになった。アート作品

台湾の水質汚染を警告する。下水で作ったアイスキャンディー

人口増加や工業化による水質汚染の問題は世界中で起こっているが、台湾はその中でも特に水質汚染

雨の道に彩りを。水中の生き物が浮かび上がるProject Monsoon

雨の日の街はモノトーンだ。太陽の光は差し込まず、空は灰色。傘を手に俯き加減に歩く人々の視界

ブエノスアイレスの美術館が始めた、アート作品と会話できるチャットボット

美術館で作品をより深く知りたいと思った場合、オーディオガイドを利用しながら鑑賞するのが一般

美しい女性とは?画像の検索結果をハックして女性美を問い直すDoveのキャンペーン

あなたは「美しい女性」と言われたら、どのようなイメージを頭に思い浮かべるだろうか。人によっ

失敗は成功の母。失敗作だけを集めたスウェーデンの美術館「The Museum of Failure」

私たちの生活には過去に生まれた数えきれないほど多くのイノベーションが深く関わっており、様々