インドネシアの社会課題解決に挑む「新興国ソーシャルベンチャー共創プログラム」

Browse By

「いまの仕事は安定していて充実もしているけれど、いま一つ刺激や成長感が足りない。」「学生の頃から好きだった社会貢献やソーシャルビジネスの分野に興味があるけれども、どうしても一歩を踏み出す勇気が出ない。」そんな方にとてもおすすめのプログラムがある。

それが、ソーシャルベンチャー・NPO向けプロジェクトを企画・運営する二枚目の名刺と、新興国での社会課題解決型ビジネス創り・社会企業経営コーチのプロ集団であるGEMSTONEが共催する「新興国ソーシャルベンチャー共創プログラム」だ。

同プログラムは、3ヶ月という短期間で、日本からの遠隔コミュニケーションと2回にわたる短期の現地渡航を組み合わせ、新興国で社会課題の解決に挑むソーシャルエンタープライズ(社会的企業)の経営課題解決にチームで挑むというとてもユニークな内容となっている。

第2弾の舞台は、2.4億人の人口を抱え、経済成長率5%を超えるなど、東南アジアで最も成長が期待されている国、インドネシア。今回の共創団体は、インドネシアでカカオ農家を支援しながらBean to Barのチョコレートを製造しているソーシャルベンチャー「Krakakoa」と、経済的制約のある患者を支援するためのオンライン・クラウドファンディング・プラットフォームという全く新しいビジネスモデルを開発している「WeCare.id」の二社だ。

プログラムでは、新興国ならではの躍動感・スピード感を目の当たりにしながら、ソーシャルベンチャーの現場に入り込むことができる。机上の知識だけのディスカッションではなく、現地のフィールドを訪問し、自ら経営や事業に参画し、実践していく。

業界や年齢を問わず、様々なバッググラウンドを持つ国内メンバーと、社会課題が山積するインドネシアで社会起業家として活躍している現地団体のメンバーが一つのチームとなり、プロジェクトをやり遂げる。 この経験は、グローバルな視野と自分への自信、そして志を共にする仲間を得ることができるまたとない機会だ。

また、3ヶ月という短期間であり、今の仕事を続けながら平日の夜や休日を使ってコミットすることができるので、退職や転職などのリスクを負うことなく新たな世界を体験し、飛び込むことができる点も大きな魅力だ。

ソーシャルビジネス、社会起業家、インドネシア、東南アジア、ビジネス英語の実践。響くポイントは何でもよい。このプログラムの内容が少しでも気になったなら、まずは説明会に参加してみよう。第一弾に参加したメンバーの生の声も聴きながら、その価値を感じてみてほしい。

第一回の様子が分かるプログラム動画

プログラムの概要

プログラムの詳細

実施期間 2019年6月15日(土)~2019年9月14日(土)
参加費 20万円(税別)
※インドネシアへの渡航は、2回を予定。(任意参加ですが、強く推奨します。)
※現地渡航は各自ご手配・負担(宿泊先は推薦します)
定員 10~12名(各団体3-5名程度)※最小催行人数:8名
スケジュール 2019年6月15日(土):キックオフ (国内・東京)
2019年7月上旬(3日程度):第1回渡航
2019年8月下旬(3日程度):第2回渡航 (中間報告会)
2019年9月14日(土) :最終報告会 (国内・東京及びオンライン)  
※日程は参加者のご都合により適宜調整します。
申込期間 2019年4月18日(木)~5月31日(金)
プログラムURL https://peraichi.com/landing_pages/view/co-pro02
共催団体 NPO法人二枚目の名刺、一般社団法人GEMSTONE
メディアパートナー IDEAS FOR GOOD

※同プログラムはツアーではありません。航空券・宿泊施設などもご自身で手配いただく現地集合・現地解散型プログラムです。

インドネシアでの共創団体

Krakakoa

インドネシアのカカオ農家を支援しているソーシャルベンチャー。 農法トレーニングをカカオ農家に提供し、彼らの高品質なカカオを適切な価格で購入し、チョコレートを生産・販売。100%インドネシア産カカオ豆にこだわった高級チョコレートブランドで、富裕層に支持を得ている。持続可能な農法でのカカオ生産・加工、カカオ農家の生活水準の向上を図り、世界市場におけるインドネシア産カカオの競争力アップを目指している。

サブリナ氏は米国コーネル大学で農村開発を専攻、マッキンゼーを経て、インドネシアの農業とカカオの可能性に気づき、2013年に共同創設者兼代表としてKrakakoaを設立。今やインドネシアを代表するソーシャルベンチャーとなったKrakakoaをけん引する、パワフルな女性リーダーである。

URL:https://www.krakakoa.com/

WeCare.id

経済的制約のある患者を支援するためのオンライン・クラウドファンディング・プラットフォームを運営。インドネシアには国民健康保険制度がなく、また、都心から離れたエリアには適切な医療施設が少ない。WeCare.idは、クラウドファンディングの運営を通じて、遠隔地にいる患者と医療機関を繋げ、すべての人が適切な治療を受けられるように活動を行っている。病院やケア施設とのネットワークを構築し、包括的な医療を受けられる体制を創り上げている。また、予防サービス・健康維持など、ヘルスケアビジネスにも展開を開始。

ギギ氏はIT分野での技術開発の経験を持ち、インドネシアにおける医療格差を解消することに情熱とエネルギーを注ぐため、2015年にWeCare.idを設立。社会を変えるパッションに溢れた気さくな起業家である。

URL:https://wecare.id/

IDEAS FOR GOOD編集部のおすすめポイント

今の仕事を続けながら国内スタートアップの経営に副業として参加したり、NPOのプロボノスタッフとして働いたりする選択肢はすでにありますが、仕事を辞めずに新興国のソーシャルビジネスに携われる機会というのはなかなかありません。新興国の社会課題を肌で感じながらソーシャルビジネスの現場に深く入り込むことができるとても貴重なプログラムです。

また、共創団体とのやりとりは英語が基本となるため(参加者の語学力自体は問われません)、普段仕事で英語を使う機会がない方にとってはそれも大きな刺激となるはずです。国内メンバーも大手企業、ベンチャー企業、大学生、フリーランスなど多様で、様々なバックグラウンドの人と一緒にプロジェクトに取り組めるため、他メンバーからの学びも多くあります。

説明会に参加する

新興国ソーシャルベンチャー共創プログラムでは、5月19日に参加希望者に向けた説明会を開催します。メディアパートナーであるIDEAS FOR GOOD経由で申し込みいただくと1,000円割引になる割引コードを発行しています。興味がある方はぜひ参加してみてください。

日時 2019年5月19日(日)13:00-16:00(12:30開場)
場所 港区芝4丁目7−1 西山ビル 4階
地図 https://goo.gl/maps/FboCXjw7XLR2
アクセス JR山手線 「田町駅」より徒歩9分・都営三田線、浅草線 「三田駅」A7出口より徒歩5分
Peatix割引コード 「ideas」とご記入ください。

【Peatix申し込み】説明会に参加する