必要なのは水だけ。鉢の外側で観葉植物を育てる次世代のプランター

Browse By

自宅で過ごす時間を豊かにするために観葉植物を育てたいけど、ケアが大変そう…… そんな方におすすめの、土いらずで植物を育てられる画期的なプランターが登場した。

その名は「terraplanter(テラプランター)」。一見模様のある素焼きの鉢に見えるが、実は植物を育てるのは鉢の内側ではなく外側である。内側には土を入れず、水だけを注ぎ、鉢の外側の凹凸部分に植物が育つ仕組みになっている。つまり、通常の鉢の内側と外側が逆になったような鉢なのだ。

表面には小さな穴がたくさんあいており、じわじわと自然に水が染み出すので、やることといえば水が切れないように水を足すだけ。気温や湿度にもよるが、一度水をあげると5日~15日間ほどは水をあげなくても済むという。

terraplanter

Image via terraplant

プランターの使い方もいろいろ。シダの胞子を表面に振りかけてシダタワーをつくるもよし、表面に何かの種つけて育てるもよし。ツタ類をくるくるとまいて茂らせたり、紐でランを固定して花を咲かせたりするのも楽しそうだ。持ち運びも簡単なので、日に当てたり、お気に入りの場所に飾ったり。その時々、気持ちがおもむくままに移動させることができる。

枯れてしまった場合は、表面の植物や根を切り取って新しいものと交換するだけ。何度も使えるのもうれしい。基本は室内用だが、屋外でも使えるという。

View this post on Instagram

Reuse the terraplanter as many times as you'd like.

A post shared by terraplanter (@terraplanter) on

このテラプランターを開発したのは、エラッド・ブルコさんとイラン・ザーヒさん、ロイ・ブルコさんの3人。手間をかけずに簡単に室内で水耕栽培を楽しむことができ、しかも清潔でシンプルな「新しい植物の家」をつくることをコンセプトに開発を行った。ヒントになったのは、森で何百年も生きている木だという。シダをたくさん表皮に茂らせているのをみて、同じような機能をプランターに持たせられないかと考えたそうだ。

結果、鉢の外側に幾何学模様の凹凸をつけることで種が穴にとどまり、水を蓄え、植物の根が絡みやすい機能性とシンプルな美しさを実現することができた。

現在このプランターを量産するため、クラウドファンディングが行われているのだが、目標額の約215万円を大幅に上回る約3億9千万円と、世界中から驚くべき支持が集まっている。クラウドファンドは6月20日までで、支援者には金額に応じてこのテラプランターが届けられる。日本へも配送してくれるので、関心のある方は試してみてはどうだろうか。

【参照サイト】terraplant
【参照サイト】terraplanter – visibly follow the journey from seed to plant