買うほど河川が回復する。安全な水をまもる米モルソン・クアーズの新アルコール

Browse By

いま、世界では20億人以上が安全な水を確保できない状況にあり、2030年までに淡水資源の不足は必要量の40%に達すると予測されている(※1)。こうしたことから国連総会は、2018年に「国際行動の10年『持続可能な開発のための水』/International Decade for Action “Water for Sustainable Development”」を開始し、水管理方法の転換を支援することを促している。

水の保全対策が急がれる中、米国に本拠を置く飲料大手モルソン・クアーズ社は、「アルコールを買って川を復元する」プロジェクトを開始した。消費者が対象の新アルコール飲料「Coors Seltzer」を購入すると、河川流域川の環境改善に貢献することができる仕組みだ。

今回のプログラムでは、Coors Seltzerの12本セットを購入すると、Change the Courseの水再生プロジェクトを通して、500ガロン(約2,270リットル)の水を米国の河川に戻すことができる。目標は、最初の1年間で少なくとも10億ガロン(約37億リットル)の河川の水を回復すること。スポンサーが資金を提供し、米国NPO団体Bonneville Environmental FoundationのプログラムであるChange the Courseが地元の人々とともに、河川や帯水層(※2)、牧草地や湖の水質や水量を復元する。人々がこうした活動を自ら行うことで、刺激を受けて水を節約することなどにつながることが期待されている。

Change the Courseは企業や保護団体、および一般市民の淡水に関する意識を高め、ウォーターフットプリントの削減や、河川と商業、および地域への清潔な水の確保を目的として活動しており、現在は米国の15州とメキシコで91件の水管理プロジェクトを行っている。

アルコール飲料を買うことが水の回復につながるモルソン・クアーズ社の新プロジェクトは、楽しみながら環境保護に貢献できることが大きな魅力だ。多くの人が簡単にできることの積み重ねは、大きな成果になるはずだ。

※1国際連合広報センター・プレスリリースより
※2 地中の透水層で、地下水がたまっている地層

【参照サイト】Change the Course

Edited by Tomoko Ito

FacebookTwitter