フェアトレードでつくる私たちの未来。ミリオンアクションキャンペーン #FairtradeAction2021

Browse By

私たちが普段から口にしているチョコレートやコーヒー。何気なく身につけているコットン。これらの商品の生産過程が、私たちの知らないところで児童労働や強制労働、貧困、気候変動など様々な社会課題に関わっている可能性があることをご存じだろうか?

現在、世界の子どもの10人の1人が学校に通うことができずに働かざるを得ない状況にある。世界で7億人以上が1日1.9ドル以下で暮らす「極度の貧困」状態にあり、コロナの拡大によりさらなる貧困の拡大が懸念されている。気候変動によりコーヒー豆の栽培地が2050年には50%減少すると予測されており、世界のコーヒー生産者の約60%が生産コストよりも低価格でコーヒー豆を販売している。

これらの課題を解決し、生産者がより人間らしい暮らしをできるよう、作られたものを適正な価格で取引する仕組みが「フェアトレード」だ。ものを適正な価格と条件で継続的に取引・購入することで、開発途上国の生産者が自らの力で生活を改善することを目指している。

私たちの購買活動における日々の何気ない選択が社会問題に関わっている可能性があるということは、逆に言えば日々の選択を変えていくことで、問題の解決に貢献できるということでもある。

ミリオンアクションキャンペーン #FairtradeAction2021

来たる5月の第2土曜日は「世界フェアトレード・デー」と呼ばれ、世界中で一斉にフェアトレードに関するイベントが開催され、日本でも5月は「フェアトレード月間」と呼ばれている。今年はこのフェアトレード月間に合わせて、日本全国でフェアトレードに関する商品の購入やSNSの投稿、イベント参加などで合計100万のアクションを目指す「ミリオンアクションキャンペーン」が開催される。認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパンが主催する。

コンセプトは「CHOOSE THE WORLD WE WANT(フェアトレードでつくる私たちの未来)」だ。期間中にはフェアトレード食材を楽しむフードイベントや、ビジネスパーソン向けのサステナブル消費に関するWebセミナーなども開催されるほか、一般社団法人 日本サステイナブル・レストラン協会との連携のもと、キャンペーンに参画している飲食店ではフェアトレードスペシャルメニューも食べられる。

さらに、スーパーマーケットや雑貨店、ECサイトで購入したフェアトレード商品やレストランやカフェで注文したフェアトレードスペシャルメニューの写真を撮ってハッシュタグ「#FairtradeAction2021」とともにSNS投稿すると、抽選でフェアトレード商品の詰め合わせセットがあたるプレゼント企画もある。

一人一人の一つの小さな行動も、積み重なれば大きな変化となる。フェアトレードに興味があるという方は、ぜひこの機会に自分のできることから参加してみてはいかがだろうか?

フェアトレードについて学ぼう

IDEAS FOR GOOD では、これまでにもフェアトレードに関する記事を数多く配信してきた。ぜひこれを機会にフェアトレードや実践者の活動について学び、応援しよう。

フェアトレードでつくる私たちの未来。ミリオンアクションキャンペーン #FairtradeAction2021

私たちが普段から口にしているチョコレートやコーヒー。何気なく身につけているコットン。これら

カンボジアの社会起業家の想いをつなぐ。共同運営されるハンドメイドショップ「N’s BASE」

世界遺産のアンコールワットを有し、東南アジア随一の観光地として知られるカンボジアのシェムリ

壁じゃなくて橋を築こう。手仕事でパレスチナと日本をつなぐ「架け箸」

「パレスチナ」と聞いてどのようなイメージを持つだろうか。 紛争や難民といったワードを

生産者にも幸せを届ける、バレンタインに贈りたいチョコ4選

誰かにプレゼントを買うとき、あなたはどのようにして選ぶだろう? 「どんなものだったら

おみやげを通じて社会課題を解決。買い手、貰い手、そして作り手を幸せにする「haishop」

旅行先で友人やご近所のあの人を思い浮かべ、ついついたくさん購入してしまう「おみやげ」。みな

奴隷労働に立ち向かうオランダのチョコレート会社「トニーズチョコロンリー」、日本に初上陸

間食に欠かせないチョコレート。実際、日本人が2番目によく食べるお菓子がチョコレートだという

DAY-9「仲間を増やす」エシカルな商品をシェアしよう【10 Day Earthly Challenge】

10 DAY EARTHLY CHALLENGE 〜いつもより地球のことを想う10日間〜

フェアトレードを超えろ。ブロックチェーンを使って利益の80%をカカオ農家に還元する「Right Origins」

安価で美味しいチョコレートは、子どもから大人まで世界中で多くの人に愛されている。しかし、そ

草ストローを通じて地域循環へ。HAYAMI草ストローの挑戦

プラスチックの不適切な管理による環境汚染は、プラスチックが急速に普及した1960年代から問

【わかる、えらぶ、エシカル#6】エシカル消費の手がかりとなる、覚えておきたい「認証ラベル」とは?

5カ月にわたり、エシカル消費のおすすめ9テーマを解説していく「わかる、えらぶ、エシカル -

【わかる、えらぶ、エシカル#4】生産者の暮らしを守る。「フェアトレード」商品を買おう

今後5カ月にわたり、エシカル消費のおすすめ9テーマを解説していく「わかる、えらぶ、エシカル

エシカルファッションの基本のキを学べる講座、オンラインで開催中

「エシカルファッション」という言葉を耳にする機会が増えてきた。2019年に実施された調査に

圧倒的クオリティと遊び心でファッション業界を導く「Kings of Indigo」

「これ、なんだと思いますか?」 ウェスタンハットをかぶったカウボーイが踊るように跨る

IDEAS FOR GOODライター選!外出自粛中に読みたい、おすすめ本特集

コロナによる外出自粛のなか、家で読書を楽しむ方も少なくないはず。読者の皆さんにもっと身近に

日本初、美容室としてBIO HOTELS JAPAN認証を取得した「THE ORIENTAL JOURNEY」の挑戦

オシャレな服を着て華々しくカットするカリスマ美容師の姿、トレンドの最先端を行き、自分を綺麗

ブロックチェーン活用でカカオ農家を直接支援できるチョコレートバー「The Other Bar」

昨今、地産地消によって「生産と消費を近づける」考えがある。たとえば食べ物を生産地の近くで消

代官山の新たなエシカル発信地。“誰か”のための良いものが買えるショップ「style table DAIKANYAMA」

東京・代官山に新たなエシカルライフスタイルセレクトショップが登場した。 2019年8月31

インドネシア発「Farmer to Bar」小規模カカオ農家を一流に育てるチョコレートメーカーKrakakoa

チョコレートの原料となるカカオ豆の生産国と聞いて、思いつく国はどこだろうか。ガーナをはじめ

「慣れ親しんだスイーツにも疑問を持って」神奈川のチョコレート専門店が目指す、フェアな地産地消ビジネス

冷たい飲み物が美味しく感じられる季節。鎌倉で、ひんやりとした“エシカル”ドリンク「ショコラ

【参照サイト】フェアトレード”ミリオンアクションキャンペーン”
【参照記事】UNICEF “Child labour and exploitation”
【参照記事】The World Bank “Porvery”
【参照記事】A Brewing Storm: The climate change risks to coffee

FacebookTwitter