Tag Archives: フィンランド

ヘルシンキ市

ヘルシンキが「最もワークライフバランスの整った都市」に選ばれたワケ

フィンランドの首都ヘルシンキが、2019年ワークライフバランスが世界で最も整った都市に選ば

気候変動への意識を高めるヘルシンキ

ヘルシンキ市、サステナブルな暮らし方メディア「Think Sustainably」をオープン

「サステナブルで美味しいヘルシンキのごちそう」「少ないカーボンフットプリントでできるたくさ

ゼロウェイストレストラン nolla

ヘルシンキのごみゼロレストラン「NOLLA」の、絶対食材を無駄にしない工夫

世界で食品ロスが社会問題となる中、フィンランドの首都ヘルシンキには、「食」に関わるすべての

Solein

砂漠や宇宙でも食料生産を可能にする、環境に優しいタンパク質「Solein」商業生産へ

国連の食糧農業機関(FAO)の2018年の報告書は「何を生産できるか、増大し変化し続ける食

Rens

フィンランド発、廃プラスチックとコーヒーかすからできた機能性抜群のスニーカー「Rens」

日本国内の埋め立て処理場がいっぱいになってしまうまで、残り約20年。プラスチックが土に還ら

黒色のプラスチック、身の回りにない?フィンランド企業がリサイクルのしづらさを解決

近年プラスチックによる環境問題の発生を受けて、世界中で生産・使用・廃棄に関する議論が行われ

【SB2019Tokyoレポ#6】フィンランドに学ぶスマートモビリティ活用。社会課題解決策となりえるMaaSとは?

2019年3月6日、7日に開催された 『サステナブル・ブランド国際会議2019東京』。その

フィンランド

フィンランドがベーシックインカムの調査結果を発表。雇用状況は変わらずも、幸福度に変化

フィンランドは2017年1月から2018年12月までの2年間、ベーシックインカムの試験運用

フィンランド ヘルシンキ

「みんなが100点をとれるテストを作っていてはダメ」フィンランド最大の教育の祭典“Educa”で聞く教育の最前線

フィンランドといえば、先進的な教育をするイメージで知られている。15歳の子供を対象とした国

林業で出るゴミをバイオ燃料に。フィンランド技術研究センターが開発する新技術とは

フィンランド技術研究センター(以下、VTT)が、樹皮やおがくずなどの林業廃棄物を、輸送用燃

地球に優しい民泊をしよう。サステナブルな宿泊施設だけが載った「Zerobnb」

近年、「エコツーリズム」の人気が高まりを見せている。普段はコンクリートジャングルに暮らす現

sensible4

無印良品、フィンランドの雪に強い公共自動運転バスをデザイン

人が雪道を運転するのが大変なように、自動運転車にとっても雪道を走るのは難しい。そのためか自

サウナ大国フィンランドの「地域のリビング」人々が集うコミュニティスペースに

フィンランドでは、人口530万人に対してなんと約200~300万個ものサウナがあるという。

海洋プラスチックが燃料に変わる。フィンランドの海洋清掃コンテナプロジェクト

現在、世界的な問題となっている海洋プラスチックゴミ。内陸部に住んでいるとその深刻さを実感す

世界初、歌で支払えるタクシー!?フィンランド発の電気自動車普及キャンペーン

北海道とほぼ同じ530万人強の人口を持つフィンランドは、人口から見ると大きな国というわけで

おしゃれで美味しいのは当たり前。フィンランド発のゼロ・ウェイストなレストラン

近年、環境破壊やサステナビリティがよく話題に上がるようになってきた。そんななか、サステナブ