Tag Archives: メーカー

なぜ「多様性」が大事なのか?LUSHの取り組みが教えてくれたこと

最近、「職場におけるダイバーシティ(多様性)を推進しよう」といった意見をよく聞く。しかし、

ビールの入ったジョッキが畑の真ん中に置いてある

ビールの旨さはそのまま。世界最大ブルワリーがエコな泡を製造へ

ビール。その気泡が弾けると同時に私たちの日頃の悩みやストレスも弾けさせてくれる飲み物。そん

海の生物が描かれたエコバッグが3つ

マレーシアのスーパーで買える、海の生物が描かれた「忘れられないエコバッグ」

4月22日はアースデイ(World Earth Day)。もともとアメリカのG・ネルソン上

手足が不自由でも簡単に着られる、トミーヒルフィガーのクールな新ラインナップ

ファッションは単に外見を着飾るものではない。それは自身の表現そのものであり、たとえ障害を持

シェルのガソリンスタンドと車

石油大手シェル、自社製品の石油からのシフトでどこに向かうのか?

たとえば肉屋さんが、家畜を育てることは環境に悪いからといって、肉を売らなくなったら何屋さん

オレオのカカオが変わる。より環境を大切にした農家を応援へ

子どもから大人まで多くの人に親しまれるビスケット、オレオ。メーカーである米モンデリーズ社は

井上兄弟の横並び写真

デンマーク育ちの日本人デザイナーが考えるエシカルなファッションと生き方

誰だって、”おしゃれ”で”かっこいい”ファッションが好きなはずだ。そのファッションがたまた

「あなたは、何にでもなれる。」世界を変えた女性に扮する、バービー人形からのメッセージ

バービー人形と聞いて、「完璧なボディに、ブロンドのロングヘアーをたなびかせた」姿を想像する

そのガム、捨てる前にちょっと待って。噛み終えたガムをリサイクルして作る「Gum-tec」グッズ

気持ちよく外を散歩していたら、急に足元に違和感が。ハッとして靴底を見ると…… 踏んでしまっ

アスリート待望。世界初の伸縮可能な金属製ドリンクボトルが誕生

サイクリング、ジョギング 、水泳。スポーツの最中や、スポーツ後の水分補給は欠かせない。あな

食用昆虫で作る、未来のファストフード。イケアが挑む食糧危機問題

世界の諸問題の中でも、最もわかりやすく人々を苦しめているものの一つが食糧問題である。お腹が

もっと健康で、スマートな働き方を。従業員一人ひとりがカスタマイズできるデスクが登場

出社したらまず、パソコンのスイッチをオン。仕事中はひたすらパソコンに向かい、メールや資料作

シューズのリサイクルアイデア募集中。循環経済に向かって歩む、ナイキのコンペティション

日本でも大人気のスポーツブランドナイキ(Nike)。持続可能な社会に向かってあらゆる産業が

様々な色のレゴブロック

デンマーク発祥のLEGO、植物由来のサステナブルなブロックを開発

環境大国であるデンマーク。自転車や風力発電が有名だ。政府だけでなく、デンマーク生まれの大手

グラスの入っている紅茶とミントとレモン

ティータイムをもっとエコに。イギリス生協Co-opが生分解可能なティーバッグを開発

イギリス生協 Co-opが、100%生分解可能なティーバッグを製造することを発表した。 C

ラコステの緑色のポロシャツが積み重なっている

ワニが消えた?Lacosteがブランドロゴを外した理由

ファッションブランドのLacosteといえば、その左胸のワニのロゴがアイコンになっている。

パタゴニアが創る、地元の環境活動を探せるプラットフォーム「Patagonia Action Works」

アウトドアのファッションやアイテムのブランドとして世界的に有名なパタゴニア。実は製品だけで

セーフキャップ

運転の相棒はおしゃれなキャップ。居眠り運転を防止する帽子

車の流れが単調だった。そういえばあまり寝ていなかったと、少しの間目を閉じていたかもしれない

要らなくなったおもちゃを家具へ。プラスチック廃棄を減らす「ecoBirdy」

世界が直面している課題の1つに、大量生産・大量消費の時代特有の膨大な量の廃棄物の存在がある

エビアンのペットボトル

ゴミから資源へ。エビアン、2025年までに100%リサイクルボトルを導入

世界的飲料水メーカーであるエビアンは2018年1月、2025年までに100%リサイクルされ