Tag Archives: 研究所・シンクタンク

植物がランプに変身。植物を発光させて、本を読もう

米マサチューセッツ工科大学のエンジニアらが、電灯の代わりに植物を発光させてランプとして使う

様々な人種の人が一緒にブレーストーミングしている

なぜ今、オランダ流デザイン思考が求められているのか?

デザイナーの思考様式をビジネスに活用する「デザイン思考」。「デザイン思考」を用いて、クリエ

コンクリートで建物を作っている現場

木のゴミをコンクリートに混ぜて、建物を強くする。シンガポール国立大学が開発

シンガポール国立大学研究チームは、木のゴミをコンクリートに混ぜて建物を強くするという、画期

ブロックチェーンは社会を変えられるのか?スタンフォードが世界193プロジェクトを調査

いま、世界で最も注目され、未来が期待されている技術の一つ。それが「ブロックチェーン」だ。も

浮かび上がる人物と仮想空間チャット。MR・VRで体感する、近未来の働き方

目の前の空間を指でタップすれば、その場に人がいなくてもホログラムが現れる。自分を模したアバ

窓に貼り付けて発電する、透明な太陽電池。“見えない”未来のエネルギー

現在、再生可能エネルギーの開発が世界中で行われている。その中でも、太陽光発電技術の進歩は目

多くの人が安全な水を飲めるように。汚染水から飲み水を作り出すポリマーマット

アメリカ・テキサス州にある、ライス大学およびナノテクノロジー飲料処理センター(NEWT)研

雨粒をエネルギーに変える太陽電池が誕生。太陽光発電の新たな一歩へ

クリーンエネルギーの代表格といえば太陽エネルギーであり、世界中で最先端の技術開発が日々行わ

シドニー発、海水も飲めるようにする大豆油生まれの浄水フィルター

オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の研究チームが、シドニー港の海水すらも飲料

アントロポセン

世界一孤独な木に刻まれた、人が地球を汚す時代「人新世」の始まり

人類が地球の生態系や気候などに影響を及ぼし始めてから、どれくらい経っただろうか。私たちの何

世界初。太陽光を貯めて夜でも稼働する太陽炉「CONTISOL」

ギリシアの空気太陽分子技術研究所とドイツ宇宙センター (DLR)の研究者らが、夜も稼働でき

コンクリートの表面

菌を使って、コンクリートがひび割れを自分で治す。低コストでクリーンな自己治癒

これまで世界の街の発展とともに、たくさんの建物が建設されてきた。しかし、建物は年月とともに

パーキンソン病特有の「すくみ足」を解消するハイテクシューズ

プロボクサーのモハメド・アリと、映画俳優のマイケル・J・フォックス。この二人は友人だったそ

電力を40%削減し、飲料水を生み出すエアコン。シンガポール国立大学が開発

日本で一番電気代がかかる家電がエアコンだ。暑い時期には欠かせないが、少し使用するだけで大量

水素自動車普及への第一歩。太陽エネルギーから電気と水素をつくる装置

UCLA研究チームは、太陽エネルギーから安価で効率的にエネルギーを生産して蓄え、電気機器の

リサイクルされた廃プラスチックでつくる、サステナブルな難民シェルター

家は生活の基盤であり、人がそこから逃れるのにはそれなりの理由がある。災害、紛争、貧困など、

マイクロプラスチックを水と二酸化炭素に。分解を速める新フィルター

世界中で問題となっているマイクロプラスチックは、洗顔ソープやシャンプー、日焼け止めなど、多

人を思いやり、リアルタイムに形を変える横断歩道「Starling Crossing」

テクノロジーを交通に役立てる研究は日進月歩で進んでいる。大手企業がしのぎを削る自動運転など

感染症を予防する。触るだけで手が除菌できるドア「Surfaceskins」

感染症を防ぐ一番の方法は、定期的に手の除菌をすることだ。様々な施設にアルコール消毒のための

バブソン大学が創り出す、IoTとソーシャルグッドの交差点。「IoT for Good Lab」を設立

近年、テクノロジーの世界でよく聞かれるキーワードの一つに「IoT (Internet of