Tag Archives: 研究所・シンクタンク

モデルは松ぼっくり。湿度によって自動開閉するエコな日よけシステム

チューリッヒ工科大学の学生チアラ・バイラティ氏が、松ぼっくりをモデルにしたエコなサンシェー

藻からディーゼル燃料を作り出す。気候変動に挑むミシガン大学の研究

ミシガン大学研究チームが、藻からつくるディーゼル燃料を開発中だ。既存のディーゼル燃料と混ぜ

アメリカの近未来ステーション

水素燃料車の普及への一歩。アメリカの新たな水素ステーションモデル

アメリカのサンディア国立研究所が、安全に管理できる水素ステーションのモデルを提案した。 現

廃棄ビールが役に立つ。窓ガラスに貼るだけで室温を快適に保つ断熱シート

米コロラド大学ボルダー校の研究チームが、室温を快適に保つ透明なシートを開発した。廃棄される

バイオ電池

ちょっとの工夫が電子ゴミを減らす。紙が原料、生分解できるバイオ電池

将来、電池は紙から作られるようになるかもしれない。 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研

プラスチックゴミを車の燃料に変える夢の技術。英大学の研究

イギリスのスウォンジ大学研究チームが、プラスチックゴミを水素に変えて、車の燃料として利用す

テクノロジーで社会を良くするアイデア大集合!「ソーシャルグッドサミット〜ヒラメキが紡ぐ未来~」

貧困、気候変動、人権侵害・・・。世界には深刻な課題が山積みだ。これらの問題を解決しなくては

あなたの会社は変われるか。AIが「ウツになりそうな社員」を見つけ出す時代

働き盛りを襲う病、うつ病。 厚生労働省が3年ごとに実施する「患者調査」によれば、うつ病の患

世界初、オランダの大学が開発した“オーガニックな車”

オランダのアイントホーフェン工科大学 ecomotive研究チームは、車体にプラスチックと

犯罪を抑える効果的な政策を。アメリカの刑務所人口予測ツール

総数、人口比共に世界最高水準の受刑者を抱えるアメリカ。同国では、警察が薬物犯罪で年間約15

海洋プラスチックが燃料に変わる。フィンランドの海洋清掃コンテナプロジェクト

現在、世界的な問題となっている海洋プラスチックゴミ。内陸部に住んでいるとその深刻さを実感す

シェアリング・エコノミーの影。「つながるほど孤独になる」時代とは

1994年にジェフ・ベゾスが創業したAmazonは、私たちの買い物スタイルを大きく変革させ

ビッグデータの力で動物実験をなくせるのか。機械学習で有毒性を予測するという論文発表

化学物質が人体にどう作用するか調べるために、毎年数百万匹もの動物を使用する動物実験。人が安

毎日使うモノをもっとエコに。木のゴミとカニの甲羅で作る食品ラップ

毎日の食生活で、サランラップやクレラップに代表される食品ラップを使っている人は多いだろう。

曇りの日も効率的に発電できる、バクテリア入りの太陽電池

クリーンエネルギーの筆頭である太陽エネルギーは現在、世界中でさまざまな技術開発が行われてい

今あるCO2をいかに減らすか?ハーバード発、空気中のCO2を燃料に変える大規模プラント

いま、CO2の削減が気候変動への対策の一つとして求められている。新たなCO2排出を削減して