Tag Archives: 研究所・シンクタンク

人間よりも正確に、患者の死期を予測するAI。余生の生き方を選択できる時代

緩和ケアとは患者の身体的・精神的苦痛などを和らげ、QOL(生活の質)を改善することを目指す

水道管の水漏れを検出するAI技術、カナダで開発進む。水のムダ、コストを削減へ

カナダのオンタリオ州にあるウォータールー大学研究チームが、街の水道管からの水漏れを検出する

効率は自然繁殖の100倍。サンゴ礁を救うのは、オーストラリア生まれの海中を泳ぐロボット

南国の海に広がる、色とりどりのサンゴ。多くの生物が住み処をつくる、海洋生物の宝庫だ。しかし

漁業をもっと効率的に、サステナブルに。スタンフォード大が開発した「最も漁業に適した場」を探すソフトウェア

魚は、私たち日本人が昔から食してきた海の恵みだ。店頭には毎日、新鮮なたくさんの魚が並ぶ。し

化石燃料も電池もいらない。「イオン風」で飛ぶ世界初の飛行機をMITが開発

空を飛ぶことは、ずっと人類の夢だった。 ルネッサンスを代表する巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチ

発電と節電を同時に実現。建物を冷やして太陽光発電もできるデバイス、スタンフォード大が開発中

スタンフォード大学研究チームが、建物を冷却しながら太陽エネルギーも生み出すデバイスを開発中

NASAも評価。CO2と大気の汚れを吸収する、ペットボトルからつくる超軽量ゲル

シンガポール国立大学が、廃棄されたペットボトルをCO2や汚染物質を吸収するエアロゲルに変え

キノコで発電する、持続可能な未来の照明装置とは?

アメリカのスティーブンス工科大学が、キノコで発電する未来の照明装置を開発した。秋も深まった

モデルは松ぼっくり。湿度によって自動開閉するエコな日よけシステム

チューリッヒ工科大学の学生チアラ・バイラティ氏が、松ぼっくりをモデルにしたエコなサンシェー

藻からディーゼル燃料を作り出す。気候変動に挑むミシガン大学の研究

ミシガン大学研究チームが、藻からつくるディーゼル燃料を開発中だ。既存のディーゼル燃料と混ぜ

アメリカの近未来ステーション

水素燃料車の普及への一歩。アメリカの新たな水素ステーションモデル

アメリカのサンディア国立研究所が、安全に管理できる水素ステーションのモデルを提案した。 現

廃棄ビールが役に立つ。窓ガラスに貼るだけで室温を快適に保つ断熱シート

米コロラド大学ボルダー校の研究チームが、室温を快適に保つ透明なシートを開発した。廃棄される

バイオ電池

ちょっとの工夫が電子ゴミを減らす。紙が原料、生分解できるバイオ電池

将来、電池は紙から作られるようになるかもしれない。 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研

プラスチックゴミを車の燃料に変える夢の技術。英大学の研究

イギリスのスウォンジ大学研究チームが、プラスチックゴミを水素に変えて、車の燃料として利用す

テクノロジーで社会を良くするアイデア大集合!「ソーシャルグッドサミット〜ヒラメキが紡ぐ未来~」

貧困、気候変動、人権侵害・・・。世界には深刻な課題が山積みだ。これらの問題を解決しなくては

あなたの会社は変われるか。AIが「ウツになりそうな社員」を見つけ出す時代

働き盛りを襲う病、うつ病。 厚生労働省が3年ごとに実施する「患者調査」によれば、うつ病の患