Monthly Archives: 3月 2018

夕日を背景にしたバイオ燃料工場

オーガニック廃棄物が生まれ変わる。北米初、バイオ燃料工場

化石燃料の枯渇が迫り、たとえば石油の可採年数は残り50年とも言われている。そんな中、水力や

もっと健康で、スマートな働き方を。従業員一人ひとりがカスタマイズできるデスクが登場

出社したらまず、パソコンのスイッチをオン。仕事中はひたすらパソコンに向かい、メールや資料作

湖の上に住もう。周りの水まできれいにしてくれるエコハウス

湖に浮かぶ、美しい家。まるで、水の上で息をしているようだ。 この家は、米シアトルに住む建築

石油問題に一石を投じる。捨てられたTシャツから作る「BRING Tシャツ」

Tシャツほど、身近にありながら地球資源を破壊するものはないかもしれない。ポリエステルを生産

ヒップホップ×建築。自分の街のあり方と向き合う「Hip Hop Architecture Camp」

ヒップホップ(Hip Hop)は人気の音楽として、そして社会に対する意思表示の手段として親

シューズのリサイクルアイデア募集中。循環経済に向かって歩む、ナイキのコンペティション

日本でも大人気のスポーツブランドナイキ(Nike)。持続可能な社会に向かってあらゆる産業が

貧困地域の人々にも快適な暮らしを。4000ドル、24時間で建てられる3Dプリントの家

今日も一仕事、頑張った!ふぅと一息つき、肩の力が抜けていく。帰ったら、あたたかいお風呂につ

実体験に勝る学びなし。フィンランド版キッザニアからみる新しい学校教育

社会の仕組み、仕事、働くとは何なのか。教室の中で先生から言葉で教えられただけでは理解できな

ブロックチェーンで食糧支援を効率化。WFPが進める「Building Blocks」

現在世界では8,000万人以上もの人々が飢えにより危機的な状況にあるとされている。自然災害

未来の循環型社会へ。走れば走るほど空気を綺麗にする苔のタイヤ「Oxygene」

持続可能な社会に向かって、いまさまざまな産業が積極的な取り組みを行っている。ファストフード

自転車に乗った女性が旅行バッグを持っている

エシカルブランド「SALASUSU」が紡ぐ、買い手と作り手の人生の交差点

機能的で爽やかなデザインが目を引くおしゃれなバッグやストール。バッグの内側には作り手の名前

パリのゴミ埋立地が生まれ変わる。 NYセントラルパークの5倍の広大な森林計画

フランスの首都パリが、環境保全への取り組みの一つとしてアメリカ・ニューヨークのセントラルパ

パイロット訓練でアルコール、薬物依存に立ち向かう。豪州の若者支援プログラム

オーストラリアでは、1日平均7.5人がドラッグにより、そして15人がアルコールにより命を落

雨粒をエネルギーに変える太陽電池が誕生。太陽光発電の新たな一歩へ

クリーンエネルギーの代表格といえば太陽エネルギーであり、世界中で最先端の技術開発が日々行わ

アフリカの学校で席に座っている子どもたち

デジタル格差を乗り越えるガーナの先生に学ぶ、ネットのあるべき姿とは

パソコンもない状況で、ICT(情報技術)の授業が行われる学校がある。そのひとつが、ガーナの

高齢者にも最適。ルノーが提案する、自動運転の未来型都市モビリティ

フランスの自動車会社ルノー(Renault)は先日、ジェノバで開催中のモーターショーで、未