インド・ラダック地方で守る「地域経済」と「女性の力」。“しあわせの経済”を目指す伝統工芸ショップをオープン

Browse By

インド北部のラダック地方にて、「観光業と地域経済の共存」と「地域に住む⼥性のエンパワーメント」を目的としたクラフトショップを建設するプロジェクトが進んでいる。この地方はインドで最も高い高山地帯の一つで、標高3,000~7,000メートル。気候は冷涼乾燥で、6月から9月が夏で春と秋が極度に短く、7~8カ月間は氷に閉ざされる。

ラダックの人々は、過酷な自然環境の中でチベット仏教の信仰を基盤に、持続可能な暮らしを実践しながら暮らしてきた。山の峰々に写る雲の影、澄んだ空気、降るような星空、畑から聞こえてくる人々の歌声。長い年月をかけ、ラダックで育まれてきた文化は「懐かしい未来」と賞され、現代人が忘れてきた、懐かしいけれど、新しいもう一つの可能性の未来として世界中の人々を魅了してきた。

そんなラダックはいま、急速な近代化により深刻な問題を抱えている。

ラダック地域

ラダックが抱える問題とは?

自然と共存し、持続可能な暮らしを営んできたラダックの人々は、1974年にインド政府の政策による観光客の受け入れが始まったことにより、急速な近代化に直面する。貨幣価値を基盤としない、自然とコミュニティのバランスの中で発展してきた暮らしに、観光産業による「お金」という価値観が組み込まれ、現在では生活になくてはならないものとなった。

現代社会を生きる私たちには、お金がない社会を想像すること自体が難しいが、この「お金」という価値観は、社会全体の優先順位に大きな影響を与えている。環境との共存、過酷な環境下で生き抜くためのコミュニティの結束に価値を置いた、伝統的なラダックの社会から、個人とお金を中心とした社会へ。コミュニティを個人へと分断し、環境のキャパシティを超えたものを追求する社会への変化がラダックでも徐々に起きている。

観光産業が急激に発展し、近代的な経済システムが及ぼす社会や環境への影響に無自覚なまま、人々はそのシステムに晒され、伝統と近代化のバランスをとる政策が行われていないのが現状だ。

さらに、グローバル化により現代的な価値観が持ち込まれ、若い世代の地域コミュニティに対する姿勢や、精神的安定性にも影響を与えている。ラダック地域はまさに、グローバル化が急激に進行する現代社会の縮図といえるだろう。

短期的利益を求める経済

70年代から進められた観光地化により、現在ラダックの中心地には何百ものお店が存在し、2017年には国内外からおよそ28万人もの観光客がラダックを訪れた。この数は、ラダックの人口とほぼ同数である。

観光客が多く訪れるメインマーケットには、多くの土産屋が並んでいるが、その中でラダックで作られたものを扱うお店はわずか4つ。「I LOVE LADAKH」のプリントが施されたTシャツや、ビニールで包装されたお菓子などは、工場のないラダックで製造することは不可能で、その多くは遠方から運ばれてくる。

よって、多くの観光客がこのようなお土産を購入しても、地元の人々の収入には繋がらず、観光と地域経済が共存しているとは言いがたい状態にある。現在の観光産業は、ラダック特有の生活形態や伝統文化を尊重する形で進められていないのだ。

ラダックの伝統工芸

近代化に取り残されるラダックの女性

古くから、ラダックの婚姻制度は柔軟(一夫一妻、一夫多妻、違う宗教間での通婚)で、伝統的には一妻多夫制が一般的であった。ラダックでは、女性の社会的地位が高く、多くの文化人類学者の研究対象となってきた。

ラダックの女性は、家庭のみならず地域社会全体の中心的役割を担い、尊敬される対象となってきた。しかし、観光産業の発展により、労働対価に「お金」という価値観が持ち込まれたとき、外でお金を稼ぐ「男性」と、労働対価のない、家の中の仕事をする「女性」といったような、昔の西洋的ジェンダーによる役割分担が見られるようになった。

こうした近代化による影響から、女性が担ってきた編み物や織物といった、現金収入に直接つながらない伝統手工芸が評価されなくなりつつある。それと同時に、ラダック全体の社会構造が大きく変わり、女性の社会的地位も脅かされている。

ラダックのために、そして現代を生きる人々のために

上記の課題を解決に導くために立ち上がったのが、女性のエンパワーメントと、地域経済の促進を促すショップのオープンを目指すプロジェクトだ。プロジェクトを主導するのは、特定非営利活動法人 ジュレー・ラダック。代表のスカルマ・ギュルメット氏は、日本在住のラダック出身者である。

彼は、伝統文化やコミュニティが色濃く残るラダックに生まれ、育った。子どもたちのための民間の国際援助団体セーブ・ザ・チルドレンのプロジェクトで活動をし、ハワイ大学に一時在学。

その後来日したが、日々懸命に働きお給料をもらい、豊かな生活をする日本の人々を見ているうちに、一つの疑問が浮かんだ。「一生懸命仕事をし、生活は豊かなのに、人々が満足そうではないのはなぜだろう。」そこで、「日本の人々に違う生き方を見てもらいたい」と始めたのが、ラダックへのスタディツアーだった。

スカルマ氏

スカルマ氏は、「僕が生まれ育ったラダックと日本の関係を結ぶ交流機関をつくることによって、スローライフ体験やホームステイ体験などができるようにし、違う生き方を見せられる機会を提供したかった」と話す。現在も、エコツーリズムなどを実施し、農村の人々へも収益をもたらせるように努力し続けている。

スカルマ氏らが今回新たに取り組むショップ開設プロジェクトは、グローバリゼーションと共存しながらも、人・地域・自然のつながりを再生させる、もう一つの可能な経済。ローカリゼーションが生む「しあわせの経済」への取り組みだ。

プロジェクトが目指すラダックの未来

地域に根ざした経済活動―長期的バランスを見据えた経済へ

このプロジェクトは、原材料から100%メイド・イン・ラダックのお土産を増やすことで、今までの短期的利益を求める視点に立った観光経済を見直し、ラダックの地域に根ざした経済活動を促進する仕組みづくりを目的としている。

ラダックの女性

ラダックの女性

女性のエンパワーメント―開かれた近代化のあり方へ

また、このプロジェクトは、女性たちの伝統的な手仕事に「価値」を与え、女性が社会に貢献しながらも無理なく現金収入を得られる機会づくりも目的としている。ショップで観光客が買い物をすることが、そのまま女性たちの収入につながるのだ。ラダック・コミュニティの中心的役割を担ってきた女性たちのエンパワーメントは、経済的な自立を実現しながら伝統文化を守り、ラダック本来のコミュニティのつながりの強い社会を残すことに繋がる。

さらに、ラダックが本来持つ社会構造を、グローバル化のなかで孤立させることなく、バランスを取りながらもう一つの未来の可能性として提示することが最終目的となる。世界の片隅の小さな一歩が、多様な未来への懸け橋となるのだ。

このプロジェクトは、Women’s Alliance of Ladakh(WAL)との共同作業である。WALは、スウェーデンの言語学者であり、ラダックに関する学術的にも評価の高い著書、『懐かしい未来』の著者であるヘレナ・ノーバーグ=ホッジ氏 によって設立された、ラダックの女性のための団体である。ラダックに住む母親たちが主体となり、ラダックの伝統的な文化の継承や社会教育を行っている。

ショップは、WALの敷地内に建設予定だ。ラダックの伝統⾐装や帽⼦、セーターや靴下などの編み物や織物を販売する。これらの製品は、現地の羊やヤクの毛などの素材を使⽤し、⼿⾞で紡ぎだされる⽷を使⽤している。また、チーズやバター、あんずジャムなどの食品の販売も考えている。

ラダックの女性

観光と地域経済の共生、そしてラダックの女性のエンパワーメントを目指す新たなショップ。プロジェクト始動のための資金を、クラウドファンディングサイトGoodMorningにて行っている。ページ公開から3日で支援総額の40%を達成し、現在100%達成を目指して奮闘中。興味のある方は、参加してみてはいかがだろうか。

ラダックの女性が作った工芸品で地域の経済と伝統を守るショップを建設したい!

記事提供者プロフィール


特定非営利活動法人 ジュレー・ラダック
北インドのチベット文化圏、ヒマラヤ山岳地域のラダックと日本で、環境に優しい循環型の社会作りを目指しているNPO法人。社会環境教育、持続可能な開発支援や、ラダック子ども教育支援(支援者募集中)、ラダックとの相互理解事業としてのスタディツアーやホームステイ手配等も行っている。「ジュレー」とは、ラダックの挨拶の言葉。