廃棄食品をファッションに。パイナップルやオレンジでできた、H&Mの春コレクション

Browse By

春がやってきた。そろそろ冬服の整理をして、春らしい服で颯爽と出かけたい。

スウェーデンに本拠を置くアパレル大手H&Mが、3つのサステナブルな素材を使った第8回春コレクション「Conscious Exclusive Spring Collection」を発表した。Conscious Exclusive は、持続可能な素材を持続可能な工程で製造した、H&Mのプレミアム女性服コレクションだ。環境へのConscious(意識・配慮する)を持った色鮮やかなブーツやサンダル、ハンドバッグ、水着、ブラウス、ワンピースやパンツなどが勢ぞろいである。

H&Mは、これまでも「海洋投棄プラスチックからつくるドレス」や、「廃棄される洋服を火力発電の燃料へ変える」など、自社のファッションを通して人々の社会と環境のサステナビリティ実現の可能性を提案する取り組みを行ってきた。

今回使用された3つの素材は、海藻、パイナップルの葉、そしてオレンジの皮だ。H&Mのデザイナーはこれらの素材が持つ、自然の力と鮮やかな色、癒しの力にインスピレーションを受けたという。

H&Mの春コレクション

(C)H&M

H&Mの春コレクション

(C)H&M

「Piñatex」は、パイナップルの葉の繊維から作られた革新的な天然繊維だ。パイナップルの葉は、通常は収穫のときに捨てられる農業副産物であるが、近年は革に代わる材料として注目されており、本コレクションではハンドバックやブーツに使用されている。

「Orange Fiber」は、フルーツジュースをつくるときに大量に廃棄される柑橘系の果物の皮からつくられる。天然資源を保護しながら、高品質の素材に加工した。

そして、「BLOOM」は、海藻バイオマスからとれる柔軟な海綿状プラスチックだ。この海綿状プラスチックは、クリーンな製造工程を経て、サンダルのソールに使用されている。

今回ご紹介した3つの素材のほかにも、オーガニックの絹やリサイクルポリエステルなどがコレクションでは使われている。ふんわりとしたシルエット、スポーティなシルエット。このコレクションのラインアップをまとえば、自然の息吹とともに春を迎える喜びが感じられそうだ。

【参照サイト】Conscious Exclusive
(※画像:H&Mより引用)