洋服のタグからブランドのサステナビリティを評価するアプリ「Clear Fashion」

Browse By

UNEP(国連環境計画)によると、世界全体の二酸化炭素排出量のうち8~10%はファッション業界が排出しているという。綿などを栽培する際に水を汲み上げたり、油性の農薬を使ったり、収穫機を使ったりと、さまざまな場面で二酸化炭素が排出される。しかし、私たちの着ている服が、生産過程でどれぐらい環境に影響を与えているのか、体系的に把握するのはなかなか難しい。

そんな中、服のタグを写真に撮るだけで、そのブランドがどの程度環境や人間に優しい行いをしているか採点するアプリ「Clear Fashion」が2019年9月にフランスでリリースされた。このアプリは人間、健康、環境、動物という4つの項目において、それぞれ100点満点で点数を表示する。さらには点数だけでなく、そのブランドが各項目においてどういう取り組みをしているのか、詳細な情報を得ることができる。

Clear Fashion

Image via Clear Fashion

現在Clear Fashionでは70以上のファッションブランドを評価しているが、この評価は既存の資料と専門家の意見をもとに行われている。各ブランドは自社の取り組みに関するデータをClear Fashionに無料で提供することができるが、そこで下される評価には影響を及ぼすことができない。また、Clear Fashionはファッションブランドと直接関係のある人からの投資を受けず、評価の独立性を保つようにしている。

では具体的に、どういった要素がClear Fashionの評価に影響するのか。たとえば「人間」の項目ではサプライヤーについての情報や労働者の健康、「環境」の項目では使っている原材料や水資源、「健康」の項目では使っている化学薬品などが評価の対象となる。

Clear FashionがウェブサイトやApp Storeでは各企業の項目に対する評価を見ることができる。

このアプリは2020年3月現在、フランスのみで展開されている。「日本でもやってほしい」と思う人は、まずClear Fashionのアンケートに回答してみてはどうだろうか。

【参照サイト】Clear Fashion