Category Archives: レポート

#2 イベントレポ『サステナブル観光立国ドイツの最新事例に学ぶ、新しい旅のカタチとは?』

「きっと旅に出たくなる、ドイツのサステナブルなお話」聞き逃した方はいらっしゃいますか? 8

CSVのアイデアは現場にある。MS&ADグループに学ぶサステナブルな事業のつくりかた

2015年9月、国連で2030年までの世界全体における持続可能な開発目標、通称「SDGs(

カンヌ賞より大切なこと。注目されていない広告に学ぶ、伝わるコミュニケーションとは?

学校、職場、家庭で、日々いろんな人と関わりながら生活している私たち。しかし、自分の思いがう

ビジネスで社会をよくしたい世界中の若者にチャンスを与える、デンマークのSDGsイノベーションラボ「UNLEASH」

毎日放送されているニュースは気づけば流れていってしまう。一体私たちが住んでいる世界にはどん

裸足で歩こう。健康と自然の尊さを教えてくれるラトビアの小道

ラトビアの首都リガから車で30分あまり。豊かな自然を有し、希少種も含めたさまざまな動物を保

全国で公共交通機関の無料化を決めたエストニア。現地の反応とは?

バルト三国のうちの1国、エストニアが7月1日から全国規模で公共交通機関を無償化した。首都タ

「環境のため」は当たり前。スタバのコーヒー豆リサイクルの先にあるのは?

いま、スターバックスコーヒージャパン株式会社(以下、スターバックス)が日本発の取り組みとし

シンガポールに見る、エコな交通手段「シェアサイクル」の光と影

ホームシェアリングのAirbnbやライドシェアリングのUberに代表されるように、いま世界

スウェーデンの小学校の教科書に見る、子供の創造性を高める3つのヒント

イケアやH&M、Volvo、Spotifyなど、日本でもよく知られるようなイノベーションを

じぶんの見方を変えれば世界は変わる。広告博物館の「ひとを幸せにする広告」

広告は、企業の商品を売るためのツール。そう思っている人も多いだろう。それは間違いではない。

アートで環境問題を訴える。メキシコで開催されたアーティビズムとは?

水は、わたしたち人間を含め、世界のありとあらゆる動植物の生命にとって重要なもの。 しかし、

パリとベルリンのスタートアップは難民の人とどう一緒に未来を作っているのか?

「難民」という言葉を聞いたとき、あなたはなにを思い浮かべるだろうか?「国から逃れ、帰る場所

#01 IDEAS FOR GOOD Meetupレポート「『書く』を通じて社会をもっとよくする方法」

6月5日、東京・渋谷にて、IDEAS FOR GOODの初となるMeetupイベントを開催

海洋プラスチックをなくそう。LUSHの考える、社会を動かすキャンペーンのつくりかた

いま、私たちの海はかつてない危機にさらされている。世界経済フォーラムが2016年に公表した

デンマークの首都コペンハーゲンのニューハン

デジタル国家のデンマークで起こっている、世界最先端のイノベーションとは?

デンマークといえば、家具やデザイン、アンデルセンが人気だ。最近だと、「ヒュッゲ」という言葉

なぜ「多様性」が大事なのか?LUSHの取り組みが教えてくれたこと

最近、「職場におけるダイバーシティ(多様性)を推進しよう」といった意見をよく聞く。しかし、