【5/30はごみゼロの日!】渋谷でサーキュラーエコノミーを考える『530 conference 2019』が開催

Browse By

「プラスチックやごみ問題のことが気になっているけど、何から始めたらよいか分からない。」「最近サーキュラーエコノミーという言葉をよく耳にするけど、いまひとつイメージが掴めない。」そんな人にぴったりのイベントが、5月30日に東京・渋谷で開催される。

主催するのは、5月30日を「ごみゼロの日」とし、“0 waste(ゼロウェイスト)”をコアコンセプトに据えて企業や消費者、行政を巻き込みながら「ごみを出さない経済循環」を提案し、持続可能な社会を目指して活動しているプロジェクト「530week」だ。

もともと、この530weekプロジェクトは渋谷のキャットストリートで2014年4月から開催されている清掃活動「CAT street clean up」から始まったものだ。活動拠点である渋谷区内に店舗や支店を持つ企業や行政、地域の人々らが一緒になって、地域全体でゼロウェイストを達成させていくことを目的としている。

2018年の530weekで実施したクリーンアップの様子

530weekの活動2年目となる今年は、「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」をテーマに据えた一日限りのカンファレンスイベント『530 conference 2019』がTRUNK(HOTEL) / SHIBUYA CAST.の2会場で開催される。

当日は、参加者同士がネットワーキングを行いながら、「サーキュラーエコノミー」の概念である“再生し続ける経済環境”を知識として取り入れ、すぐに職場で実践できるよう、「再生型サプライ」「回収とリサイクル」「製品寿命の延長」「シェアリング・プラットフォーム」「サービスとしての製品」という5つのサーキュラーエコノミービジネスモデルに沿ったトークセッションとワークショップが用意されている。

今まで無駄だと思われてきたものからどのように価値や利益を生み出すのか、その手法を深く考えられるよう幅広いテーマが設定されているのが特徴だ。

トークセッションでは、スターバックスジャパンでコーヒー豆かすのリサイクルを進めている普川玲氏や、Spiral Clubの代表を務める環境アクティビストの清水イアン氏、渋谷で傘のシェアリングサービスを手がけるアイカサの丸川照司氏などが登壇する予定だ。

また、ワークショップは徳島県上勝町でゼロウェイスト活動に取り組むNPO法人ゼロ・ウェイストアカデミー坂野晶氏が監修する。内容はサントリーやリコージャパン、花王など有名企業のビジネス事例を用いたオープンイノベーション型ワークショップとなっており、自分が考えたサーキュラーエコノミーのビジネスモデルが実際に企業で採用される可能性もある。

このように、当日はトークセッションもワークショップも現場の第一線でゴミ問題やサーキュラーエコノミーに取り組んでいるゲストが一堂に集結する、またとない機会となっている。

530week運営メンバー

『530 conference 2019』を企画した530weekの共同代表・オオヤマタカコさんは、今回のイベントで消費者ではなく企業の取り組みにスポットライトを当てた理由について、「プラスチックなどのゴミ問題やフードロス、気候変動など、今を生きる私たちが直面する環境問題は、ありえない速度で悪化し、人間のみならず、他の生き物や自然にも危機的な状況をもたらしています。この地球上の問題を解決するには、個人レベルでゴミを減らそうという意識づけを行うだけではなく、企業での取り組みが必要不可欠です」と語る。

毎日、刻一刻と環境や社会の問題が深刻化するなか、いまや企業はただ消費者の意識が変わるのを待つだけではなく、自らアクションを起こして消費者や顧客、サプライヤーらに働きかけ、新たなビジネスのスタンダードを提示することが求められている。世界中におけるESG投資の盛り上がりが示すように、「社会にとってよいこと=ビジネスにとってもよいこと」というのが新たな世の中の常識となりつつあるのだ。

ゲームのルールが変わるのだから、適応するのに負荷がかかるのは当然だ。しかし、逆にサステナビリティやサーキュラーエコノミーといった考え方をうまく事業に統合することができた企業は、これから大きな購買力を持つことになるミレニアル世代の消費者からの支持を得て、次の50年をリードする企業に生まれ変わることもできる。つまり、この変革のタイミングは企業にとって大きなチャンスであり、今回のイベントはそのきっかけを掴むための絶好の機会でもある。

530 conference 2019の登壇者ら

どんな人に来て欲しいかとの問いに、オオヤマさんはこう話してくれた。

「今回のイベントにはなるべく様々な業界で働く人に来ていただきたいです。プラスチック問題や気候変動など環境問題がまさに危機に面している今、CSRではなく環境に負荷をかけないビジネスデザインを考えることは企業の未来を考えるうえでとても重要です。」

「これまで無駄とみなされてきたものに価値を生み出す、再生し続けることで廃棄を減らすなどといったサーキュラーエコノミー(循環型経済)を理解し、ビジネスに取り入れることは、数十年単位で企業の利益を考えるには必要不可欠なこと。ぜひカンファレンスでその知識を得てもらい、日常業務に取り込んでいただければと思います。」

私たちは、いち消費者として環境に優しい取り組みを実践するだけではなく、自らの仕事を通じて社会にポジティブな変化をもたらすこともできる。企業やNPO、行政などの立場は関係ない。また、デザイナー、エンジニア、マーケターなどの仕事内容も関係ない。どんな仕事であったとしても、自分の専門性やスキルを活かしてサーキュラーエコノミーを推進していくことはできるのだ。

『530 conference 2019』は、自分の仕事を通じてサステナブルな社会を創っていきたいという想いさえあれば、立場に関わらず誰もがそのためのヒントとネットワークを得られる場所となっている。

また、カンファレンス運営自体もごみゼロを目指しており、サステナブルなイベント運営のモデルケースとなれるよう、装飾などの細部にもこだわってレイアウトを組んでいるという。

今回のイベントでは「参加者が自分の知識として持って帰っていただけることを意識したカンファレンスではなく、いかに参加者に意識の変容をしてもらえるかを目標にしている」と話すオオヤマさん。

サーキュラーエコノミーの考え方を仕事に取り入れたい方にとっては、とてもエキサイティングで発見の多い一日になるに違いない。また、あなたの何気ない一言が誰かのインスピレーションになり、未来の大きなビジネスを生み出すきっかけになるかもしれない。少しでも興味がある人は、5月30日の渋谷に集合しよう。

530 conference 2019の概要

日程 2019年5月30日(木)
時間 10:00~21:00 予定 ※会場によりタイムスケジュールが異なります。
内容 基調講演
「サーキュラーエコノミーの潮流と日本企業のチャレンジ」
藤井剛|Monitor Deloitte 日本リーダーワークショップ
2019年世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)で若手リーダーの一人として共同議長を務めた、NPO法人ゼロ・ウェイストアカデミーの坂野晶監修、企業のビジネスモデル・プロジェクトを持続可能なサーキュラーエコノミーで考えるプロセスを学ぶオープンイノベーション型ワークショップ

-事例提供企業-
Corona Extra、サントリーホールディングス、SHIBUYA CAST.、株式会社リコー、ワタミ株式会社、花王株式会社

– ワークショップの特徴 –
✔︎これからのビジネスの新しいスタンダードとなるサーキュラーエコノミーを理解できるチャンス
✔︎渋谷で新しいビジネスモデルを創造する人脈と知識がつくれます
✔︎自分のアイデアが大手企業の事業として採用される可能性があります
✔︎SDGsに取り組みながら経済価値を生み出すノウハウを作り出すナレッジを学べます

トークセッション
– 登壇者 –
天沼 聰|株式会社エアークローゼット・石山アンジュ|内閣官房シェアリングエコノミー伝道師・大川哲郎|株式会社大川印刷・川越一磨|株式会社コークッキング(TABETE)・北村 真吾|株式会社 GOOD DEAL COMPANY(Tokyo Cork Project)・田原純香|株式会社メルカリ・中村貴弘|リコーインダストリー株式会社普川玲|スターバックスコーヒージャパン株式会社・Yi Young Yeun|Just Project

場所 ワークショップ会場:TRUNK(HOTEL) KEYAKI(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目31)
*全日チケットご購入の方はこちらの会場で受付してください。
トークセッション会場:SHIBUYA CAST. SPACE (GF)(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目23-21)
*トークチケットの方はこちらの会場で受付してください。
両会場は歩いて5分前後で往来いただけます。
チケット チケットの種類によって受付場所は変わります。
・¥12,000 1日チケット(ワークショップ+トーク)
*両会場を移動しながらご参加頂けます。
・¥9,000 ワークショップ参加チケット
・¥3,000 トークイベント参加チケット
・¥5,000 レセプションパーティー参加チケット
*レセプションパーティーは日中ご参加の方のみ参加可能となっております。
主催 530week 実行委員会
スポンサー TRUNK(HOTEL)/SHIBUYA CAST./サントリーホールディングス/株式会社ワタミ/花王株式会社/株式会社サティスファクトリー/大川硝子工業所/ABOUT LIFE COFFEE BREWERS/Alishan Organic Center/Corona Extra/Fuglen Coffee Roasters/ONIBUS COFFEE/株式会社 4Nature/の~ぷら
サポーター 環境省/穏田キャットストリート商店会/原宿二丁目商店会/一般社団法人グリーンピース・ジャパン/ NPO法人ゼロ・ウェイストアカデミー
メディアパートナー NEUT MAGAZINE/Sustainable Brands Japan / Ideas for good / MASHING UP

タイムスケジュール

ワークショップ会場

■TRUNK(HOTEL) KEYAKI
10:00 開場
11:00 スタート&挨拶
11:10-11:50 基調講演
11:50-12:00 ブレイク
12:00-13:40 ワークショップ(1)
13:30-14:00 コーヒーブレイク
14:00:15:40 ワークショップ(2)
15:30-16:00 コーヒーブレイク
16:00-17:40 ワークショップ(3)
17:40-18:10 クロージング
「キャットストリートゼロウェイスト計画発表」
18:30-21:00 ネットワーキングレセプション

トークセッション会場

■SHIBUYA CAST. SPACE (GF)
11:00 開場
12:00 スタート&挨拶
12:20-13:10 再生型サプライ
13:15-13:25 Venture Talk(1)
13:30-14:20 回収とリサイクル
14:25-14:35 Venture Talk(2)
14:40-15:30 製品寿命の延長
15:35-15:45 Venture Talk(3)
15:50-16:30 シェアリング・プラットフォーム
16:35-16:45 Venture Talk(4)
16:50-17:40 サービスとしての製品
17:45-17:55 Venture Talk(5)
17:55-18:15 クロージング

【参照サイト】530week公式サイト
【参照サイト】チケットサイト

※IDEAS FOR GOODは、530 conference 2019のメディアパートナーです。