英ヒースロー空港、世界初の「サステナブル・シーフード空港」に認定

Browse By

イギリスのヒースロー空港が6月7日、より良い食料と農業のための国際的な連合組織であるSustainの認定を受け、世界初の「サステナブルシーフード空港」となることを発表した。

これは、同空港の5つのターミナルにあるすべての飲食店のパートナーが、持続可能な魚介類の仕入れポリシーに基づき、追跡可能で持続可能なサプライチェーンを確保することを指す。また、現在は空港全体でマグロやサーモンを筆頭に20種以上の魚介料理が年間400万食提供されているが、海洋保全団体 Marine Conservation Societyによって「最も持続可能性が低い」と指定されている魚の提供を、年内に止めることも含まれている。

さらに、より豊富な資源を極力利用し、一本釣りといった環境破壊の比較的少ない漁法を用いているなど、海の持続可能性に責任のある漁業従事者から仕入れることに努めるという。

ヒースロー空港とサステナブルフィッシュ

(c) Heathrow Airports Limited

ヒースロー空港は、毎年8,000万人以上の乗客が利用するヨーロッパ最大級の空港だ。ヒースロー空港の行動の影響は非常に大きく、食においての持続可能性を求める動きはすでに空港を超えて波及し始めている。寿司等の魚料理を扱うYo!、そしてGiraffeやComptoir Libanaisを展開するThe Restaurant Groupといったイギリスの飲食業者が、ヒースロー空港と同じ持続可能な漁業へのポリシーを採用し始め、持続可能でない魚をメニューから外し、サステナブルな仕入れを模索するというのだ。

ヒースロー空港の37の飲食事業者、そしてイギリスのSRA(サステナブルレストラン協会)が、過去6カ月に渡り協業してきた成果がついに実った瞬間である。

ヒースロー空港の食品・飲料責任者であるベン・クラウリー氏は、「ここのすべてのパートナー企業が努力を惜しまず、ヒースロー空港を利用するすべての乗客にサステナブルな魚を提供できることを誇りに思います。品質と美食のために、海を犠牲にすべきではありません。」と語る。

今後、6月8日の「世界海洋デー」には、ヒースロー空港の各ターミナルでイベントが開催されるという。SRAのディレクター、サイモン・ヘプナー氏は、「ヒースロー空港をエシカル・リテールのリーダーにすることが、われわれの次なる挑戦です」とすでに先を見据えている。

今後、ヒースロー空港に追随する空港が出てくることも考えられる。空の旅は、私たちが環境問題を再認識する機会になっていくだろう。

【参照サイト】Heathrow becomes the world’s first Sustainable Fish Airport – inspiring change in restaurant groups across the country
【関連記事】サステナブル・シーフードとは・意味