Monthly Archives: 7月 2019

参加者

料理で社会は変えられる。フードロスを使った料理バトルが伝えたかったこと

「フードロスは年間643万トンに上ると言われている。これは国連世界食糧計画(WFP)が1年

食材は家から持ってきて。フードロス解消を訴える、ブラジルの「食材のないレストラン」

2018年の夏に、社会課題に関心のあるインフルエンサーがこぞって取り上げた、ブラジルの「食

イベント全体の雰囲気

【イベントレポート】PRのプロたちに聞く!ミレニアル世代に響くコミュニケーションのあり方。パーパスがうむ「共感」の連鎖とは 

いま、消費者として大きな影響力を持ち始めているのが、1980年代以降生まれの世代、通称「ミ

Fresh bowl

容器を戻して2ドル割引。NY発、環境にも健康にも優しいヘルシーフード専用自動販売機

プラスチック問題の解決や廃棄物削減のために、ゴミを減らすキーワードである3R(リデュース・

消費者をまちのつくり手に。福岡テンジン大学が考える、「学び」を通じたまちづくり

いま、日本でもっとも勢いのある都市のひとつが福岡だ。空港から市内の中心部まで地下鉄でわずか

voteforgood画像

#Vote for Good 私の未来は、私が決める。投票をより身近にする企業のアイデア5選

こちらの動画がSNS上などで話題を集めている。 この動画は、2018年アメリカ中間選挙の際

【8/8イベント開催!】「かもす」経済とは?発酵に学ぶ、サステナブルでしあわせな経済のつくりかた

~シェアリングもサーキュラーも感謝経済も。新しい経済のヒントは”発酵&#822

アイキャッチ用 short pants every day

宮崎発の「ショートパンツ特化」ブランド。地の利を活かしたファッションに学ぶ楽しい地方創生

宮崎県宮崎市には、日本でも珍しいショートパンツに特化したブランドがある。“Short pa

ダイバーシティ

“見えない、聞こえない、若くない”が力になる。日本初、ダイバーシティのミュージアム「対話の森」

日本初のダイバーシティをテーマとしたミュージアム「対話の森」が、2020年東京でのオープン

ロウィーナ・バードさん

行動を起こすのは、自分のため。英コスメブランドLUSH・創立者が考える、「地球に住みかを借りる」私たちがすべきこと

2019年6月、新宿にアジア最大のLUSH旗艦店がオープンした。新鮮なオーガニック素材を使

meet up

【8/6イベント開催!】ソーシャルグッド・ライターのための「Writers for Good ミートアップ Vol.1」

〜ソーシャルグッド・ライターのための「Writers for Good ミートアップ Vo

LUSH新宿店

私も、地球も、美しくするメイクアップ。アジア最大LUSH 新宿店が提案する「本物のラグジュアリー」とは

2019年6月、英国発ハンドメイドコスメブランドLUSHが、アジア最大規模の旗艦店「LUS

容器の所有権をメーカーが取り戻す。サーキュラーエコノミーのプラットフォーム「Loop」の挑戦

2019年1月、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムにて、世界初となる循環型のショ

ヴィーガンの買い物を楽に。動物由来の製品をフィルタリングするブラウザ拡張機能が登場

これまで肉、魚、卵、乳製品などを普通に食べていた人が、完全菜食主義者ことヴィーガンになるの

感受性を耕し、感性を豊かにする旅 in 北海道東川町

就職してからいままで、ずっと休むことなく走ってきた。でも、最近はふと「このままでいいのだろ

炭素排出量を測定し、地球にやさしい行動を

気候変動への“貢献度”はどれくらい?あなたの生活のカーボンフットプリントを計測できる「Ducky」

気候変動は世界の喫緊の課題だ。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、このままの