インスピレーションは自然から。電動ボート「Tahoe-14 Electric Boat」で豊かな水辺の時間を

Browse By

電動自転車や排出ガスのない電動スクーターなど、昨今さまざまなモノの電動化が進められている。そんな中、カナダでグラスファイバー製の電動ボート「Tahoe-14 Electric Boat」が登場した。

本製品を開発したのは、マリンスポーツ用品や家具などを製造している、トロントのBeau Lake Co.社だ。同社のすべての製品デザインは、自然からインスピレーションを受けている。自然をすべての始まり・出発点とし、水辺での体験向上のために設計されたのがTahoe-14 Electric Boatなのだ。

Tahoe-14 Electric Boat

Beau Lake Co.

Tahoe-14 Electric Boatは、燃料を必要とせず音もでない。クラシックだが自然に溶け込むデザインが印象的で、乗っている間もゆっくりと自然の風景を楽しむことができる。自然の中で過ごすことは、心を落ち着かせ良いアイデアを生むという研究もある(※1)

舵を切るレバーは手彫りのマホガニー製で、シートは布張り。取外し可能な2コンパートメントクーラーも付いており、ボートの上で思いっきりリラックスできそうだ。デッキにもマホガニー材を使用しているが、エポキシおよびポリウレタンコーティングを施すことで高い耐久性を実現している。

Tahoe-14 Electric Boat

(c)Beau Lake Co.

全長は4,2m、総重量は204㎏と軽量で、運搬や進水が楽にできる。これは、船体に軽量のグラスファイバーを使用しているためだ。さらに、Tahoe-14 Electric Boatは自己排水型構造をもつため、メンテナンスも簡単で、長く使うことができる。動力にはドイツのTorqeedo社のCruise 2.0FPおよび24-3500リチウムスマートバッテリーを使用しており、最高時速は6ノット(約10,8km)となっている。

Beau Lake Co.社は公式サイトで、「モーター音の代わりに、川や湖を泳ぐアヒルやガチョウの声が聞こえるでしょう。」 と綴る。忙しい毎日を少し離れ、水上で静かに自然を楽しんでみるのもいいかもしれない。

【参照サイト】Tahoe-14 Electric Boat
【参照サイト】Nature and Calm: Studies That Back Up The Idea
(※画像提供:Beau Lake Co.