Browse By

ヴィーガンとは・意味

vegan

ヴィーガンとは?

ヴィーガンは「生活全体から動物由来のものを排除しよう」という「完全菜食主義」(ヴィーガニズム)の考え方と、その実践者のこと。肉や魚を食べないだけでなく、動物由来である卵、牛乳や乳製品、はちみつも口にしない。

どの程度厳格にヴィーガンを実践するかは人によって異なり、いくつか分派がある。代表的な分派の一つは、動物由来のものを食生活から排除するだけにとどまる「ダイエタリー・ヴィーガニズム」だ。もう一つの代表的な分派である、生活すべてから動物由来のものを排除する「エシカル・ヴィーガニズム」は、革製品やウールの服などを身につけず、動物実験をもとに生産された化粧品や薬品も使わない。一方、週1日など、自主的に頻度を決めてヴィーガンの食事を実践する「パートタイム・ヴィーガン」の実践者もいる。

ヴィーガンになる動機・種類

ヴィーガンになる理由は主に以下の3つである。

  • 健康上の理由:動物性食品を食べないことでやせたい、健康的な生活を送りたい、といった目的でヴィーガンになる人が多い。ただし人により体質に合う・合わないがあり、栄養学的な知識がないと体調不良になる人もいるので注意が必要だ。
  • 環境問題の対策:肉を生産する畜産の過程では、多くの温室効果ガスを排出する。また、魚の獲りすぎの影響も心配されており、「それなら植物由来の食べ物だけにしよう」とヴィーガンを選ぶ人もいる。
  • 動物のため:動物愛護、動物の権利保護といった理由からの選択だ。これに加え、「殺生はしない」という宗教的な理由からヴィーガンになる人もいる。

ヴィーガンの有名人

日本でも人気の歌手アリアナ・グランデは、2013年にツイートでヴィーガンを実践することを宣言している。 女優のナタリー・ポートマンは子どものころから野菜中心の食生活を送り、現在はヴィーガンとなり、子どももヴィーガンの食事で育てている。 俳優のブラッド・ピットや、俳優と環境活動家の顔を持つレオナルド・ディカプリオもヴィーガンだ。 ポール・マッカートニーもヴィーガンで、週1日はお肉を食べないようにしようという世界的な運動「ミートフリーマンデー」を主催している。

ヴィーガンの今後

現在、欧米を中心にヴィーガンになることを選ぶ人が増えている。アメリカでは2009年の人口の約1%から2013年には2.5%に、2017年には6%に増加。2,000万人近くのヴィーガン人口がいると推定されている。 ドイツでもヴィーガンが多く、特にベルリンでは約300万人の人口のうち約8万人がヴィーガンだと言われている(2017年の発表)。ヴィーガン向けレストランも多く、「ヴィーガンの首都」として世界的に有名だ。こうした動きに応えるため、HappyCow という世界中のベジタリアン・ヴィーガン向けのレストランを教えてくれるアプリ(英語)も開発され、人気を呼んでいる。

このように世界的にヴィーガンが増え続けているが、日本ではベジタリアン以上になじみのない食事法で、「ヴィーガン」という言葉すら知らない人もまだ多い。そのため、日本でヴィーガンを実践しようにも、レストランのメニューになかったり、対応してもらえなかったり、スーパーで食材を買うにも細かなチェックが必要だったりと、苦労が多い。今後、環境問題の対策の観点で、国内でヴィーガンを選択する人が増えることが予想され、また海外からも多くのヴィーガンが日本に訪れることを考えると、観光・食品業界ではヴィーガンへの対応が急がれる。

【関連ページ】パートタイム・ヴィーガン
【関連ページ】ベジタリアン
【関連ページ】【2019年最新版】Vegan(ヴィーガン)に対応するレストラン・食品・事例まとめ
【参照サイト】ビーガン人口が6倍に増加?ベジタリアンなどの世界菜食トレンド推移(Tokyo Vegan)
【参照サイト】WHY THIS CITY WAS RANKED THE “VEGAN CAPITAL OF THE WORLD”

ヴィーガンに関する記事の一覧

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字