アメリカ初。サンフランシスコ空港が使い捨てペットボトルの水販売を禁止

Browse By

アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、マイボトルを持参する乗客が増えるかもしれない。同空港は2019年8月20日から、容量が1リットル以下のペットボトル入りの水販売を禁止することを発表した。この規則はアメリカの空港初の取り組みで、空港のレストランやカフェ、自動販売機に適用される。

8月20日以降は、再利用可能なボトルを持参するか、空港の基準で認められたされたガラスボトルまたはアルミニウムボトル入りの水を購入する必要がある。また、空港内に水の補給ができるステーションも設置予定。ミネラルウォーターや炭酸水以外の飲料(ジュースなど)は今回対象外だという。

給水ステーション

Image via Shutterstock.com

この決定は、サンフランシスコ市で2014年に定められた、市所有施設でのペットボトル入りの水販売を禁止する条例によるものだ。利用客の数がアメリカで7番目に多いサンフランシスコ国際空港では、ペットボトル入りの水が年間約400万本も販売されており、販売業者にとって今回の禁止令は大きな影響を持つ。店舗が違反した場合に罰則があるかは明言されていないが、同空港広報のドグ・ヤケル氏は「罰則が不要なことを願っている」という。

サンフランシスコ国際空港は、2021年までに世界初のゼロ・ウェイスト空港になるという目標を持っており、食事の持ち帰り用容器、調味料パック、ストロー、食器等の使い捨て製品をすでに禁止している。環境規制に対応するサプライヤーもおり、リサイクルや堆肥化によって埋め立て・焼却処分されるゴミの量を90%~ 削減する予定だ。

今回の取り組みは、世界的にみても非常に先進的な環境対策といえる。サンフランシスコの取り組みが周囲に広がっていくことを願う。

【参照サイト】Disposable plastic water bottles banned from San Francisco airport
【参照サイト】Plastic bottles sales banned at San Francisco airport