Tag Archives: 公社・団体

電気が届かない村にもインターネットを。太陽光で発電する通信ハブ

私たちの社会が発展するに従い、浮き彫りとなっているのが都市部と農村部の格差だ。世界に目を向

ヒップホップ×建築。自分の街のあり方と向き合う「Hip Hop Architecture Camp」

ヒップホップ(Hip Hop)は人気の音楽として、そして社会に対する意思表示の手段として親

気候変動を止める知識が集結する、国連のブロックチェーンプロジェクト

2015年12月に気候変動問題に関する国際合意のパリ協定が結ばれてから早2年。アメリカの脱

循環型モデルで廃棄を減らす。スペインの「Espigoladors」が取り組むフードロス問題

世界が抱える問題の一つに、食糧の大量消費、大量廃棄が挙げられる。このまま世界的な食糧廃棄(

どんな災害にも耐えられる、火星移住計画から生まれた「土」の家

紛争や自然災害により、毎年何千もの人たちが帰る場所を失っている。そんな人たちに画期的なアイ

植林がお金をつくる。毎年150億本の木が伐採される現代のビジネスチャンス

WWF(世界自然保護資金)によると、世界の森林は1分ごとに約25ヘクタール失われているとい

1ユーロで家を販売。イタリアにある小さな町の過疎化対策

もしも将来、外国の田舎町でのんびりと悠々自適に暮らすことを夢みているのなら、それは案外すぐ

はじまりはもったいない精神から。トルコの廃棄予定の本を集めた図書館

「もったいない(Mottainai)」という日本語が世界に注目されて久しい。ノーベル平和賞

2020年、再生可能エネルギーの発電コストが化石燃料を下回る

世界150か国以上が加盟する国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は今年1月、過去一年間

「愛のある選択」を。 難民の人々に必要なものをプレゼントできるストア

「愛のある選択(Choose Love)」は、難民の人々の生活に欠かせない物資を直接購入し

世界で唯一、父親が母親より長く子供と過ごす国フィンランド

「生涯にわたる絆は、日常の何気ない瞬間に生まれているのです。」そう語るのは、フィンランドの

ヨルダン観光の闇、動物労働に終止符を。観光客を「呼ばない」キャンペーン

中東ヨルダンのペトラ遺跡をご存知だろうか。ヨルダン観光の目玉といっても過言ではない、旧ナバ

ツアーガイドはホームレス。バルセロナの隠れた魅力が味わえる「Hidden City Tours」

あらゆる異質なモノを引き寄せ、抱え込む力が都市にはある。だが、都市で暮らす人々のほとんどは

ドローン植林がマングローブを救う。ミャンマーで始まる森林保護のイノベーション

アジア最後のフロンティアと呼ばれ進境著しいミャンマー。長年にわたる乱伐や災害で森や生態系は

地球の資源を使い果たす日。あなたの「オーバーシュートデー」はいつですか? #movetheday

「オーバーシュートデー」という言葉をご存知だろうか?「オーバーシュートデー」とは、人が消費

ロンドン発、ソーシャルグッドに特化したオンラインシティガイド「GoTiLo」

観光や街歩きをする際に、おすすめスポットやレストランなどが紹介されているガイドブックは数多

肥満の子どもが運動するほど、飢餓に苦しむ子どもが救われるウェアラブルバンド

WHOによると、世界中の5歳以下の子どもの死因のうち、飢餓による栄養失調を原因とする死は3

AR技術の新たな活用法。イギリス・ロイズ銀行が手話アプリで聴覚障がい者の顧客をサポート

イギリスの大手銀行であるロイズ銀行が、AR(Argumented Reality:拡張現実

NPOが「体験」を売れる場所、Airbnb。

私たちが暮らす地域社会にはどこにでも、数多くの課題がある。貧困や格差、教育や環境汚染にいた