【ベトナム特集#8】デザインするのはハンディキャップを持つ子供たち。雑貨屋「Tohe」が伝える、遊び心の大切さ

Browse By

「私は、ラファエロのように絵を描くのには4年かかった。しかし、子供のように描くには一生かかるだろう。」天才画家ピカソの格言に、こんなものがある。

東南アジアのベトナムには、「子供の遊び心を100%活かす」ことをコンセプトに、子供が描いた絵をデザインに取り入れたオリジナル雑貨を販売する企業がある。ベトナム国内に多くの店舗を持ち、旅行者にも人気のプロダクトブランド“Tohe(トーへ)”だ。ただデザインがユニークなだけではない。製品の絵を提供するのは、すべてハンディキャップを持った子供たちなのだ。

親がいない子供に、手足が不自由な子供。体は成熟していても精神に障害を抱える子供…… 社会的に恵まれない境遇にある子供たちとアートをつなげるToheは一体どのようにして生まれたのだろうか。そして、子供たちから私たちが学べることは何だろうか。

Toheキービジュアル

子供の遊び心を育て、才能を発掘するTohe

Toheは、ベトナムでは数少ない公的な社会的企業だ。定期的にさまざまな施設を訪問し、アートワークショップを行ったり、子供たちが楽しんで参加できるイベントを催したりすることで、子供の社会参加を促している。訪問する施設の数は国内で22箇所以上、主に孤児院や子供用の障害者施設である。

ベトナムの学校で行われる美術教育は絵を描くための技術的な解説が多く、「自由に創造すること」が重要視されていないため、アートワークショップを通して子供が本来持つ豊かな創造性を育てたいという考えだそう。

ワークショップのなかで特にユニークだと評価されたアート作品は、ベトナム中に展開するToheのショップの製品のデザインに組み込まれる。そして採用された作品を描いた「小さなアーティスト」には、売上の5%が還元される仕組みだ。

Toheワークショップ

ワークショップのようす

Tohe Styleの商品

Tohe Styleの商品

Toheの創業は2006年。クリエイターであったグエンさん、ガンさん夫妻が子供の保護施設でボランティアをしたことがきっかけだった。両親のいない子供や、発達障害を持った子供たちが無邪気に生きる姿を見て、2人は、すべての子供には「隠れた才能」があると考える。

その後、バルセロナにあるピカソ美術館を訪れた夫妻は、記事冒頭にも書いたピカソの格言にインスピレーションを受ける。こうして、子供が遊び心たっぷりにデザインするプロダクトをつくろう、という発想が生まれたのだ。

「小さなアーティストたち」の描く世界

アートワークショップで発掘された「小さなアーティストたち」は、自分の作品を展示するエキシビジョンまで開くことがある。以下は、ハノイのToheスタジオで展示された作品の数々だ。

Toheエキシビジョン

Toheエキシビジョン

アーティストの一人は、自閉症の男の子。自分の作品が人前に展示されることを恐れ、はじめはA4用紙にクレヨンで絵を描くので精一杯だった。しかし、ベトナム国内のプロのアーティストの手を借りながら、次第に「さまざまな描き方をしていいんだ」「もっと自由に描いていいんだ」と学んでいったという。今では大きいサイズの油絵もお手の物だ。

Tohe エキシビジョン

自閉症の男の子が描いた作品

Toheは、子供たちにアートを通した自己表現をすることを促す。同社で働く人々は、「お客さんには、私たちのプロダクトを“チャリティー”として見るのではなくて、単純に子供たちが手がけた独創的なデザインを気に入ってくれたら嬉しいんだ」と語っていた。

いま、大人が子供から学ぶこと

Toheが開催するイベントは、子供はもちろんその親である大人や、大学生ボランティアも一緒に楽しみ、学べるものが多い。現在Toheには、350人以上のボランティアが在籍して日々活動を続けているそうだ。

Tohe Play

Tohe Play 環境イベント

Tohe Play

Tohe Play 環境イベント

「私たちが子供たちから学ぶことはたくさんあります。」そう語るのは、Toheの広報マネージャーを務めるヴァンさんだ。「物事を見るとき、子供たちは私たちとは違った視点を持っています。小さなことに楽しみを見つける遊び心と、愛を忘れません。そんな彼らと一緒に過ごすとき、私自身も“社会から求められた大人の姿”ではなく、ありのままの自分でいられる気がするんです。」

そんなヴァンさんがToheで働いて幸せだと感じる瞬間は、子供が心を開いてくれたときだそう。「子供たちと友達になれるのが一番。新年のときに、あまり口話さなかった子から“あの花火を見てよ!きれいだね” と話しかけられたときは本当にうれしかったです。」と話していた。

ヴァンさん

私たちは、大人になるにつれてさまざまなことを経験し、ちょっとしたことには驚いたり、感動したりしなくなってくる。明るさや楽しむ心、深く洞察する力など、ハンディキャップのあるなしに関わらずすべての子供には才能がある。大人になると当たり前すぎて褒められもしないようなことかもしれないが、それに気づき、感謝し、学ぶべきだというメッセージをToheは伝えている。

ワークショップを通して発掘された子供の才能を、製品として惜しみなく発揮させるTohe。ベトナムを訪れることがあったら、一度ショップに立ち寄ってみてはいかがだろうか。

Tohe Style ハノイ直営店 店舗情報

  • 店名:Tohe Style
  • 住所:8 Đỗ Quang, Trung Hoà, Cầu Giấy, Hà Nội
  • 電話番号:+84 83 779 0465
  • URL:http://www.tohe.vn

Tohe Style ハノイ

(画像提供:Tohe

Posts Related to ベトナム特集

ミレニアルズアンケート