Tag Archives: 小売

日本の伝統を次世代につなぐ秘訣は、先人の智慧と現代の感覚を「和える」こと

先人の智慧(ちえ)と聞いて、思い浮かぶことはなんだろうか。 普通だったら捨ててしまうような

本当にエシカルな鶏肉を選べる、フランス大手スーパーのブロックチェーン活用法

フェアトレードやエシカルファッションなど、生産者の持続可能性を意識した取り組みは多い。商品

世界初、オランダのスーパーに登場した「完全プラスチックフリー」の食品売り場

オランダの首都アムステルダムでは、その昔から数々の革新的なアイデアが生まれてきた。1602

スタートアップの製品だけが並ぶストア、ベルリンに登場

ドイツの首都でありスタートアップの聖地ベルリンで、2018年3月17日(土)にユニークなス

パタゴニアが創る、地元の環境活動を探せるプラットフォーム「Patagonia Action Works」

アウトドアのファッションやアイテムのブランドとして世界的に有名なパタゴニア。実は製品だけで

「愛のある選択」を。 難民の人々に必要なものをプレゼントできるストア

「愛のある選択(Choose Love)」は、難民の人々の生活に欠かせない物資を直接購入し

「呼吸が苦しいです。」CO2のインクで大気汚染を訴える看板がペルーに登場

クラクションの喧騒、どこかの車体から流れるBGM、そして、ライトのあたり具合で様々に色を変

包装ゼロ。レジ袋なし。必要な分だけ買える、サステナブルな食品流通システム「MIWA」

大量生産・大量消費の時代になってから常に問題視されてきたもの。それはゴミの大量廃棄だ。例え

本は中身で選ぶもの。表紙を見せない本屋「Blind Date with a Book」

好きな作家の本であったり、何かしらの賞を受賞した本を読んだりしているだけではどうもマンネリ

自閉症者に静かな時間を。刺激の少ない店内でショッピング

自閉症の人が持つ傾向のひとつに、感覚過敏というのがある。健常者であれば、店内に流れる音楽や

食料廃棄をなくす。消費期限に応じて価格をリアルタイムに変えるAIテクノロジー

世界では、毎年生産された食料の約3分の1が捨てられている。アメリカのスーパーマーケットでは

27トンの海洋廃棄物を製品パッケージへと変身させたLUSHの想い

海洋廃棄問題は非常に深刻で、毎年800万トン以上のプラスチックが海洋に投棄されており、およ

従業員が帰り道にデリバリー。ウォルマートが考えたAmazonへの対抗策

テクノロジーの進化により物流や配送の世界も効率化が進んでいるが、小売チェーン世界最大手のウ

カナダのトロント発、「モノの図書館」が実現するシェアリングエコノミー

いま、世界では大量生産・大量消費型の経済システムに代わる持続可能なシステムとして「シェアリ

中古車を売って電動自転車を買う。環境にもお財布にも優しいトレードプログラム

大気汚染や環境破壊に対する懸念が高まっている昨今では、世界中の都市で環境への配慮を理由に自

ストックホルムに誕生した、世界初となるリサイクル品だけのショッピングモール

週末のうちの一日は、ショッピングモールへ出かけるという人も多いのではないだろうか。一箇所で

人間の代わりにモノが決済。IBMとVisaが描くIoTの未来

最近、金融の世界で最も注目されている領域、それがFintech(フィンテック)だ。「フィン

輸送業界の注目株。廃棄食料で走るトラック

二酸化炭素をあまり排出しない、環境に優しい燃料と言えばバイオディーゼル燃料や電気エネルギー

小売店と消費者のおいしい関係。フィンランド発のフードレスキューアプリ「Froodly」

フードレスキューアプリ。これは新たなムーブメントと言えるかもしれない。以前にも、食糧廃棄の

パリジェンヌのランナーがデリバリー。カルフール流ブランドコミットメントの伝え方

自社がブランドとして大事にしたい価値観やコミットメントを広く消費者に伝え、共感を得ることで