「わかる、えらぶ、エシカル -Shopping for Good-」特集スタート。 誰でもできる「エシカル消費」で買い物をもっと楽しく

Browse By

買い物を通して誰でも気軽に社会貢献ができる、「エシカル消費」。毎日の生活がもっと楽しく気持ちの良いものに変わる、エシカル消費の秘訣をお伝えしていきます。

テーマ別の記事一覧はこちら

エシカル消費って何?

エシカル消費」という言葉を知っていますか?エシカル消費とは、人や社会、環境に配慮した消費のことで、誰にでもできる社会貢献のアクションとして、注目されています。

5月は「エシカル消費」の月

毎年、「消費者月間」である5月には、エシカル消費にまつわるイベントなどが日本中で行われています。消費者月間は、消費者庁が日本中の行政・自治体や民間非営利団体(NPO)、企業などとともに、消費者問題に関する教育や啓発を行っていく期間です。今年度の消費者月間の統一テーマは「豊かな未来へ~『もったいない』から始めよう!」に策定されるなど、近年は「エシカル消費」の普及・啓発に力が入れられています。

エシカル消費は難しくない 。誰にでもできる社会貢献のアクション

prologue-content

Image via Shutterstock

「エシカル消費」ってなんだか難しそうで自分にはできない、と思われるかもしれません。でも、決して難しいことではありません。例えば、以下のようなことは、すべてエシカル消費です。

  • オーガニック製品を選ぶ
  • 海や森林など、環境に配慮した商品を選ぶ
  • 地元や被災地を応援したいから、地元の商品や復興支援品を選ぶ

「安いから買う」「自分が必要だから買う」だけではなくて、買うという行動の中で、その商品を作った人、もしくは社会、地球環境のことを少しでも意識していたら、それは「エシカル消費」なのです。そんなに難しいことではないかも…そう思えてきませんか?

エシカル消費は、誰にでもできる社会貢献のアクションです。世の中には気候変動や貧困など様々な課題がありますが、「買う」という行動を通して、そうした課題の解決の一端を担うことができるのです。

そして何よりも、その商品が作られた背景がわかり、買うことで社会の役に立つということがわかると、買い物や日々の生活がもっと楽しく気持ちの良いものになります。

「わかる、えらぶ、エシカル -Shopping for Good-」特集を始めます!

エシカル消費には環境や働き方などたくさんのテーマがあります。今まであまり意識したことのないテーマでも、知れば「今度からは意識してみようかな!」と思えるものがきっとあるはずです。

そこで今回IDEAS FOR GOODは、Yahooが展開するエシカルを応援する商品プラットフォーム「エールマーケット」と連携し、「わかる、えらぶ、エシカル -Shopping for Good-」特集を始めることにしました! 今後5カ月間にわたって、エシカル消費のおすすめ9テーマを解説していきます。この特集連載を読んでいただければ、日々の買い物を通して社会の役に立てることがわかり、きっとこれまで以上に買い物が楽しくなります。

特集記事一覧

【わかる、えらぶ、エシカル#1】思わずストーリーを話したくなる。「アップサイクル」商品を買おう

特集Partner

yell-market
ヤフージャパンが東日本大震災後、東北の商品を揃えてネットで販売を始めた「復興デパートメント」。今は「エールマーケット」と名前を変え、全国の商品を取り扱っています。自然環境や人、地域に優しい社会を応援(エール)する、本当にこだわった商品を販売するモールです。