大量のゴミが道に変わる。オランダでテスト中の「プラスチックゴミ自転車道」とは

Browse By

オランダのアムステルダムから北東約100㎞にいったズヴォレ市に、リサイクルプラスチックでできた自転車専用道路“PlasticRoad”が誕生した。

現在、プラスチックの大量生産および廃棄は世界的な問題だ。世界では毎年3億5千トンに及ぶ大量のプラスチックが使用されているが、その多くは最終的にリサイクルされず、埋立か焼却処分されている。ヨーロッパでは、リサイクルされるプラスチックはわずか7%だという。

この問題を解決すべく、さまざまな試みが各地で行われている。プラスチックをインフラ設備に利用する取り組みもその1つだ。IDEAS FOR GOODでも以前、ガーナで作られている「プラスチックゴミを使った道路舗装ブロックと建材」をご紹介した。

今回オランダにパイロットプロジェクトとして誕生した「プラスチック自転車道」は全長30m。21万8千個のプラスチックカップと50万個のペットボトルのフタからできている。

(c)PlasticRoad

PlasticRoadの目的は、プラスチックゴミを道路建設に利用して、大量に捨てられたプラスチックを削減することだ。今後、100%リサイクルプラスチックを利用することを最終目標としている。

2015年、オランダの建設会社であるKWS社がこの自転車道のコンセプトを発表。そして、2016年にズヴォレ市に本社を置くプラスチックパイプメーカー大手のWavin社と、世界的石油会社であるTotal社が加わり、3社共同で生産開発を行った。

PlasticRoadの特性は、プラスチックゴミを大量に減らせることだけではない。建設現場で構造パーツを組合わせていくため、道路の建設工期を短縮でき、CO2排出量を削減する。また、軽量であるため地盤への負荷が少ない。さらに、道路下の空洞部を排水溝として利用できるため、オランダでたびたび問題となってきた洪水の防止にも貢献するのだ。

(c)PlasticRoad

ズヴォレ市のあるオーファーアイセル州は、この自転車道に大きな可能性を見出している。今回の革新的なプロジェクトを通して未来の循環経済、そして持続可能な公共スペースの設置を目指していくという。

2018年11月には、2つめのパイロット自転車道が同じ州のギートホールンという町にも誕生する。ここでは、PlasticRoadの他の特性も実験していき、2つの道路のテスト結果から、今後の適用と改善について考察が行われる予定だ。現在、 駐車場や駅ホームおよび歩道への適性も試すために新たな設置場所を探してる。

オランダのリサイクルプラスチック自転車道。今後、この道路を起点としてプラスチックゴミに新たな命が吹き込まれ、さまざまな公共設備が誕生していきそうである。PlasticRoadのこれからがとても楽しみだ。

【参照サイト】Opening 1st PlasticRoad bike path in the world