【10/24イベント開催!】ソーシャルグッド・ライターのための「Writers for Good ミートアップ Vol.2」

Browse By

〜ソーシャルグッド・ライターのための「Writers for Good ミートアップ Vol.2」〜

「ソーシャルグッドなライターになりたい」「ライターとして自分の強みを知りたい」「自分の価値観に沿った仕事をしたい」「この分野で将来やりたいことを見つけたい」・・・そんな方におすすめのミートアップ情報をお届けします。

「Writers for Good」(ライターズ・フォー・グッド、以下W4G)は、社会課題やその解決手法など、ソーシャルグッドなトピックにフォーカスをあてて記事執筆しているライターの方々に向けて、ミートアップ、フィールドワーク、ツーリズム、スクール、などを通じて学びや気づきをシェアするためのコミュニティです。日々の活動は「オンライングループ」(承認制Facebookグループ、無料)で行なっています。

そんなW4Gが行うミートアップ。第2回目となる今回のテーマは「メディア編集者からみる、ソーシャルグッド系ライターの心得」です!現在ソーシャルグッド系メディア「リディラバジャーナル」の編集者である鈴木洋平さんをゲストにお招きし、編集者として普段優秀だと感じているライターの姿勢やスキル・ノウハウをレクチャーいただきます。現役編集者の視点は、ライティングに役立つこと間違いなし!です。

writer

Image via shutterstock

ミートアップ後半では、フリートーク/ワークショップを通じ、成功事例・失敗事例のシェア、抱えている課題と解決法、などについて意見交換をします。最後に参加者同士がつながるネットワーキングの時間を設けています。「企業・団体のメディア運営論」ではなく「個人の情報発信」についての話がメインです。「この分野で将来やりたいことを見つけたい」「ライターとしての自分の強みを知りたい」「自分の価値観に沿った仕事をしたい」という課題を抱える人にはその解決のヒントが見つけられるかもしれません。

これからソーシャルグッド・ライターを目指すという方から、本業・副業でライターとして独立したい方、すでにライターとして活動していてさらなるスキルアップを目指す方にもおすすめです。

W4Gサロン

ミートアップにご参加いただいた方はオンラインサロン(無料、Facebookグループ)にご参加いただけます。登録方法は会場にて当日ご案内します。W4Gサロンでは、ソーシャルグッドやライティングに関するノウハウやニュースのシェアなどを行なったり、不定期でライティングの仕事紹介をしたりします。

スピーチ・プログラム例

  • 書き手としての社会的責任を考えよう
  • ソーシャルグッド特有の執筆課題とは?
  • 「公平」と「平等」と「機会均等」の差とは
  • 正義の反対は悪ではなく「もう一つの正義」である
  • なぜ社会貢献活動が、新しい社会問題を生んでしまうのか
  • ソーシャルグッドな個人ブログで「3,000万円」稼ぐ方法
  • 1記事書いて1日で300万PVを稼ぐためには
  • ライターとしてのソーシャルビジネス

※内容は変更になる場合があります

こんな人におすすめ

下記に一つでも当てはまる方はぜひお気軽にお越しください!

  • ソーシャルグッドに興味があるライター/エディター/ブロガー/コラムニスト
  • CSR/コーポレートコミュニケーションの企業担当者
  • ソーシャルグッド分野の書籍執筆者
  • ソーシャルグッド分野の書籍がある出版社の方
  • ソーシャルグッド系メディア運営者
  • NPOの広報/マーケティング担当者
  • ソーシャルベンチャーの経営者および役員
  • ソーシャルグッドに興味がある大学生
  • この分野で将来やりたいことを見つけたい人
  • ライターとしての自分の強みを知りたい人
  • 自分の価値観に沿った仕事をしたい人

イベント概要

開催日時 2019年10月24日19:00〜21:00(開場18:45)
会場 東京都千代田区神田須田町1‐18 アーバンスクエア神田ビル 2階イベントスペース
(株式会社ゴーリスト内)
最寄駅 秋葉原駅、神田駅、淡路町駅、岩本町駅の各駅から徒歩10分以内
参加費 一般3,000円、大学生1,000円(3名まで)
●キャンセルポリシー:
イベント4日前(10月21日23:59)までに連絡がなければ返金はいたしかねます。ご了承いただきますようお願いいたします。
持ち物 名刺、筆記用具
※当日は廃棄物を極力減らすために、ペットボトル等での飲料の提供はしません。各自必要であればタンブラー等で飲料をお持ちください。
定員 30名(先着順)
メンバー 運営:Writers for Good 運営事務局
主宰:安藤光展(コミュニティ・マネージャー/サステナビリティ・コンサルタント)
メディアパートナー CSRのその先へ
IDEAS FOR GOOD
イベントURL https://w4g-meetup1024.peatix.com/

当日スケジュール

  • 18:45 会場
  • 19:00 オープニング
  • 19:10 プレゼンテーション
  • 19:50 ワークショップ
  • 20:35 メディアパートナー紹介
  • 20:40 クロージング
  • 20:45 ネットワーキング
  • 21:00 終了

スピーカー紹介

鈴木洋平(リディラバジャーナル記者/編集者)

1988年生まれ。大学院卒業後、宣伝会議に入社し、編集・メディア専門誌『編集会議』や広告・マーケティング専門誌『宣伝会議』などの編集者として、メイン特集の企画や新連載の立ち上げ、社長インタビューなどを担当。『編集会議』では販売売上前年比300%アップを牽引した。2018年より“社会の無関心の打破”を掲げる社会問題に特化したメディア「リディラバジャーナル」記者/編集者。「リディラバジャーナル」は社会問題を構造化する記事を特集形式で配信しており、これまでに痴漢や小児性犯罪をはじめとする性犯罪、生活保護バッシング、プラスチックごみの問題など、さまざまな社会問題の現場を取材している。
・ウェブマガジン「リディラバジャーナル」

安藤 光展(あんどう みつのぶ)

1981年長野県生まれ。CSR/サステナビリティ・コンサルタント。一般社団法人 CSRコミュニケーション協会・代表理事。専門はCSR/サステナビリティ経営、ステークホルダー・エンゲージメント。著書は『創発型責任経営』『CSRデジタルコミュニケーション入門』『この数字で世界経済のことが10倍わかる』など。2009年よりブログ「CSRのその先へ」運営。大学卒業後、インターネット系広告会社などを経て2008年に独立。「Yahoo!ニュース個人」など大手ニュースメディアで執筆活動をしている。執筆記事の月間総PVは「数万〜数百万PV」程度。

【関連記事】ソーシャルグッド・ライターのための「Writers for Good ミートアップ Vol.1」
【関連記事】ソーシャルグッド(Social Good)とは・意味