Browse By

ソーシャルグッド(Social Good)とは・意味

ソーシャルグッドとは?

ソーシャルグッド(Social Good)とは、地球環境や地域コミュニティなどの「社会」に対して良いインパクトを与える活動や製品、サービスの総称を指す。古くからあるソーシャルグッドの代表例としては水や空気の浄化、街の緑化、教育やヘルスケアなどが挙げられる。

気候変動や都市問題、貧困といった社会課題の解決につながり、社会に対してポジティブな影響をもたらす取り組みに対して「ソーシャルグッドな○○」と形容詞的に表現されることも多い。

その範囲は製品やサービスにとどまらず、企業のCSR(社会的責任)活動や、SDGs(持続可能な開発目標)を実現するような活動、さらには広告やプロモーションの領域にまで広がっている。

ソーシャルグッドを議論するグローバルサミット

ソーシャルグッドを主題とするカンファレンスとしては、アメリカ発の大手新興ネットメディアMashable、国連財団、ニューヨークに本拠を置くコミュニティセンターの92Y、UNDP(国連開発計画)らが2012年から主催するグローバルカンファレンス「ソーシャルグッドサミット」がある。

ソーシャルグッドサミットのウェブサイトには、エイズや人道支援、難民などさまざまなテーマでパネルディスカッションやトークが行われているYoutube動画のリンクが貼ってあるため、機会があれば見てみると良いだろう。

ソーシャルグッドはトレンド?


ソーシャルグッドはトレンドワードやバズワードとして扱われることもあるが、”social good”という英語キーワードの検索数は、世界全体として2010年頃を境に緩やかな増加傾向にある。

何が本当に「グッド」なのかは人によって解釈が異なるかもしれないが、これをただのトレンドとして終わらせるにはもったいない。

IDEAS FOR GOODの記事はすべて、社会問題に対して革新的な解決アイデアを与えるソーシャルグッドをテーマとしている。社会をよくするための世界の事例を通して、新たな視点やひらめきを得てみてはいかがだろうか。

Posts Related to ソーシャルグッド

用語の一覧を見る