若者よ、電気自動車で走ろう。フォルクスワーゲンの新たなシェアサービス「We Share」

Browse By

自動車の世界シェアNo.1を誇るフォルクスワーゲンが、ドイツの首都ベルリンで2,000台の全電気自動車のシェアリングサービス「We Share」を始めると発表した。

背景にあるのは大気汚染による深刻な影響だ。WHO(世界保健機関)によると、世界人口の90%以上が高レベルの汚染物質を吸い込んでおり、それが原因で毎年700万人が亡くなっている。

そんな中、環境先進国であるドイツでは大気汚染に対するさまざまな施策が行われており、IDEAS FOR GOODでも紹介してきた。たとえば公共交通機関の無償化や、自動車より気軽に使える乗り捨て可能な電気スクーターのシェアリングサービスなどだ。

今回紹介する「We Share」では2019年の7月から9月のどこかで、1,500台の電気自動車e-Golfと500台のe-up!が導入される予定。2,000台という膨大な車数を提供することで電気自動車のシェアを新たな文化として広めようという気概が感じられる。

ベルリンに続き、ドイツの他の主要都市でも「We Share」が展開されることが見込まれている。また、2020年からは100万人以上の大規模都市を対象として、ヨーロッパの他の国や北米の都市にも拡大する計画もあるそう。

Image via Volkswagen

フォルクスワーゲンのセールス取締役ユルゲン・スタックマン氏は、「特に都市部の若い人々に電気自動車を勧めたい。We Shareを通して、新たな時代に相応しい体験ができるだろう。」と述べている。

他にも、フォルクスワーゲン子会社のMOIAでは、渋滞・大気汚染・騒音などの課題解決のため、電動自動車のシェアライド事業を2018年度末に始める予定である。このプロジェクトは都市で現行車を100万台削減することを目標としている。もはや自動車メーカーは単に車を売るだけでなく、車を通じて未来を考える必要があるのだ。

世界的に有名なフォルクスワーゲンが、自動車業界にシェアリングエコノミーを導入し、持続可能な社会の実現に向けて大きく先陣を切るこの取り組みは、業界に大きな影響を与えるに違いない。

【参照サイト】Volkswagen starts “We Share” e-mobility car sharing in Berlin
【参照サイト】7 million premature deaths annually linked to air pollution
【参照サイト】MOIA presents world’s first electric ridesharing car
【関連記事】ベルリンで広まる電気スクーターのシェアリング。「COUP」が提案するエコな移動
【関連記事】ドイツが公共交通機関を無償化か。大気汚染を食い止める本気の取り組み