京都にオープンする「泊まれる美術館」アートをもっと身近に、当たり前に

Browse By

日本を代表する観光都市、京都。まちの魅力も然ることながら、老舗の旅館やラグジュアリーな高級ホテル、町家を活かしたゲストハウスなど宿泊施設も多様で楽しみの一つと言える。

その京都でまた一つ、新しい試みとなる宿泊施設「BnA Alter Museum」が2019年4月にオープンする。手がけるのは東京や京都でアートを活かしたホテルのデザイン・運営を行うBnA株式会社と不動産デベロッパーのコロンビア・ワークス株式会社。

コンセプトは「宿泊型ミュージアム」。全31部屋はライゾマティクス(Rhizomatiks)の真鍋大度やアートディレクターの三嶋章義など、それぞれ気鋭のアーティストが「作品」としてデザインするという。

BnA Alter Museum ビジュアル

「作品」というと、美術館で壁にかけてある絵画をじっと眺める、そんなイメージが強いのではないだろうか。でもここでは違う。寝食を!共にするのだ。かしこまって眺めるのとは違う、新たなインスピレーションをもたらしてくれるに違いない。

BnA Alter Museum ビジュアル

「静寂を重んじられる美術館ではなく、笑い声の響き渡る美術館である。 白い壁にかかっている作品を眺める美術館ではなく、作品の中に滞在し入り込める美術館である。作家の顔が見えない美術館でなく、作家とビールを片手に語り合える美術館である。そこでは作家と観衆という関係性は曖昧であり、誰しもが表現者となる場である」公式サイトより)

併設されるパブリックスペースは展示やイベントに開放され、国内外のアーティストやアートファンの交流の場として活用していくという。アーティスト、旅人、地域のアートファンといった人と人との交流が、新たなアートの魅力をつくりだしていく予感大だ。宿泊費の一部はアーティストに還元され、アートの担い手の育成にも役立てられるという取り組みもうれしい。

伝統を重んじつつも新しもの好きな京都。アートとの新たな向き合い方がはじまりそうだ。

【参照サイト】BnA HOTEL – BnA Alter Museum