都会のビル風をエネルギーに。デザイン賞を受賞した、シンプルな風力発電タービン

Browse By

英ランカスター大学の学生2人が、都市を吹き抜ける風をエネルギーに効率よく変えるタービンを開発し、2018年ジェームズダイソンアワードを受賞した。ジェームスダイソンアワードは、問題解決できるデザインを創造する、国際的な学生デザインコンテストだ。

多くのビルが立ち並ぶ都市を歩いているとき、突然の強いビル風に驚いたことはないだろうか。ランカスター大学のオレラーナ氏とヌーラニ氏は、私たちがまだ使っていない資源であるこの都市の風を利用してエネルギーを生み出すべく、「O-Wind」を開発した。オレラーナ氏はO-Windの開発にあたり、NASAが開発した「風を受けて火星の表面を転がるボール」にインスピレーションを受けたという。

O-Wind のタービンは直径25cmの球形で、幾何学的な穴を持つ。形状を球にしたのは、都市ではあらゆる方向から予測不可能な強いビル風が吹き、従来の一方向の風のみを捕らえる風力発電タービンでは非効率的になるからだ。O-Wind のタービンは、どの方向から風が当たっても固定軸で回転する。

(C)Oliver Ruskin

風力エネルギーがデバイスに変換されると、ギアが発電機を作動させてエネルギーを電気に変換する。この電気は電力源として直接使用できる。グリッドにも送電が可能だ。オレラーナ氏とヌーラニ氏は、風速が一番大きいビルの壁やバルコニーなどに、このタービンを設置したいと考える。

オレラーナ氏はこう語る。「われわれは世界中の人々のために、O-Windタービンの利便性と生産性を高めていきたい。都市は風が強いが、私たちはまだこの資源を利用していないんだ。グリーンエネルギーをより簡単に生み出すことは、地球に住むわれわれの大きな役割だ。ジェームズダイソンアワード受賞によって、われわれのコンセプトが認められた。今後は、このアイデアを実現するための資本確保に向けて、投資家にアプローチしていきたい。」

同アワード審査員であり工業デザイナーのケネス・グレンジ氏は、「再生可能エネルギー分野で競合していくという、彼らの大きな志と、シンプルなデザインに感銘を受けた。」と述べている。

学生2人が開発した、都市の風をエネルギーに変えるO-Wind。これまでの風力発電タービンの形状とはまったく異なる斬新なデザインが印象的だ。街の再開発が行われ、次々と新たな高層ビルが増える都会で、ビル風という都市特有の現象に着目したエネルギー発電装置の今後に期待したい。

【参照サイト】Lancaster students win prestigious UK James Dyson Award
(※画像:Lancaster Universityより引用)