環境破壊が進んだ地球を味わってみる?「絶滅体験レストラン」が原宿に出現

Browse By

多くの若者が集まる街 原宿に、環境破壊が大きく進んだ未来を体験するレストランが出現する。

駐日マダガスカル大使館パートナーキャラクターを務めるMC WoWキツネザル氏らクリエイターたちが、国連の掲げる持続可能な開発目標(SDGs)をもとに、2030年の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー「絶滅体験レストラン」を2019年4月20日(土)に東京・原宿の「KAWAII MONSTER CAFE」で開催する予定だ。

絶滅体験レストラン

このレストランの目的は、「絶滅」をテーマにした食事やショータイム、展示を通じて、ゲストに環境への危機意識を自分ごと化してもらい、持続可能な社会のための行動を促すことだ。本イベント自体、単発ではなく定期的に開催していき、日本を世界に誇れる環境保全の意識を持った国にするという大きなビジョンを持つ。

当日は、支配人が壇上でイベントの流れを説明し、絶滅危惧種の動物に扮したパフォーマーたちによる煌びやかなダンスで、ショーの幕が開がる。

ダンスパフォーマンス

食の雑誌「RiCE」のアドバイザーも務めるシェフ森枝幹氏と、昆虫食伝道師として活動する篠原祐太氏 がプロデュースする創作料理のメニューは、「地球最後の肉をつかった合い挽きハンバーグ」「生き残った者たちのリゾット」など、名前からして刺激的だ。

絶滅体験レストランのメニュー

魚料理「希少なサーモンの温菜~漂流物を添えて~」は、疑似プラスチックゴミにまみれており、ゲストはそのゴミを取り除きながら食べるなど、世界で話題になった海のプラスチック汚染問題をリアルに表現している(※コース料理は変更になる可能性あり)

レストランでは水不足が発生しており、ウェイターが各テーブルで2,000円のペットボトルの水か、フェイクの泥水を浄水して飲むかゲストにたずねる場面もある。これらは必ずしも食欲をそそる演出ではなく、人々を啓蒙する内容だ。

展示では、絶滅の危機に瀕する動物たちの写真や造形物などをブースに飾り、視覚的に「絶滅」を体感できる。また、動物たちのいま置かれている現状を 「セルフィー」というかたちでインスタグラムにアップし、声を挙げるWWFジャパンのプロジェクト #ANIMAL_SELFIE のユニークな写真を展示する。

現在、ソーシャルグッド領域に特化したクラウドファンディングプラットフォーム GoodMorning や、Peatixで前売りチケットを販売しており、売上金の一部は動物保護団体へと募金される。

主催のWoWキツネザル氏

主催のWoWキツネザル氏

環境問題や希少動物の絶滅は、ニュースで見聞きはすることがあっても、遠い地域の森林や海洋で起こっているというイメージがあり、なかなか当事者意識がわきづらい。しかしこれは地球全体が直面する紛れもない危機であり、私たち人間もその影響からは逃れられない。事実、人々の活動に起因して、環境が破壊されそこに住む多くの種が絶滅しつづけている。

「絶滅体験レストラン」は、このままでは起こる可能性の高い未来の現象を、現在の私たちが五感で味わえる貴重な機会だ。そして、その未来を変えられるのは私たち自身だということを教えてくれている。あなたも一度、味わってみてはいかがだろうか。

イベント概要
開催日時 2019年4月20日(土)昼夜の2公演
会場 KAWAII MONSTER CAFE
会場住所 東京都渋谷区神宮前4丁目31−10 YMスクエア 4F
チケット 通常席10,000円、プラチナ席20,000円、VIP席 120,000円(コース料理とアフターパーティ参加権付き)

クラウドファンディングのページはこちら→環境破壊が進んだ未来を体験するイベント『絶滅体験レストラン』を開催したい!(2019年3月31日まで実施中)

ミレニアルズアンケート