人間を土に還す。シアトルで始まる、世界初の「堆肥葬」

Browse By

死んだ後、自分の体がどのように扱われるか考えたことがあるだろうか。日本では多くの場合、遺体は火葬され、残った骨は墓に納められる。一部の人は宗教的な理由で土葬を選ぶかもしれない。

世界でも火葬と土葬の2種類が主要な葬送方法となっているが、人間の遺体を栄養豊富な土に生まれ変わらせる「堆肥葬(有機還元葬)」が新たに始まる。ワシントン州における人間の遺体をコンポストする法案が、2019年4月に可決され2020年5月から施行されるのだ。

そんな中、アメリカ・シアトルで施設の準備を進める企業「RECOMPOSE(リコンポーズ)」が、堆肥葬を実用化させた。RECOMPOSEが2021年にオープンを予定している施設は、世界初の堆肥葬を行う場所となる予定だ。より環境負荷の低い葬送方法として台頭する堆肥葬はどのようにして生まれたのだろうか。そして、RECOMPOSEが目指す未来はどのようなものなのだろうか。

Natural organic reduction

Image via RECOMPOSE

RECOMPOSEが行う「堆肥葬」とは?

「ナチュラルでオーガニックな還元(Natural organic reduction)」と名付けられた堆肥葬は、人間の死体を自然な形で生分解して堆肥に変え、養分として新しい命へ循環させる葬送方法だ。

死後、遺体はオーガニックなウッドチップで敷き詰められた再利用可能なモジュール式の棺に収められ、遺族や友人との告別式が執り行われる。式が終わると遺体はオーガニックな素材を被せられ、棺ごとコンポストを行う専用のカプセルに収容される。その後、落ち葉が土に戻っていくように約30日間かけて骨や歯までもがゆっくりと土に還っていく。容器内は微生物やバクテリアが活動しやすい環境に整えられており、より効率的な分解が促される仕組みになっている。

分解後は、1立方ヤード(0.76立方メートル)ほどの豊穣な土に変わる。遺族や友人はこの土を持ち帰って通常の土と同じように植物を植えるのに使うなど再利用することが可能で、持ち帰らない場合はRECOMPOSEが提携している森林の育成に使用される。これにより、人間は死後、自然の一部として循環することが可能になる。

RECOMPOSE

Image via RECOMPOSE

堆肥葬では、遺体を焼くプロセスが必要ないため、火葬と比較すると8分の1のエネルギー量しか使わず、1人につき1平方メートルの二酸化炭素の排出が抑えられる。また、遺体や遺骨を保存する必要がないので墓を立てる必要もなく、地球上にスペースを取らない。使われる素材もオーガニックで、コンポストに使用される棺も使い捨てではなく、再利用される。今までにも遺体を自然に還す方法として、遺体を木の根元に植える「樹木葬」や火葬した遺灰を海や山に撒く「散骨」など方法はあったが、堆肥葬は環境を汚さないという点で新たな選択となりえるだろう。

遺体に含まれる物質が環境汚染に繋がるのではないかと懸念する人もいるかもしれないが、ペースメーカーなどの金属製の不純物はコンポスト前に取り除かれ、抗生物質などの医薬品もコンポストを通して分子レベルで分解されるので土壌を汚染する心配はない。また、カプセル内は120〜160度まで熱されるため、有害な病原体のほとんどはこの段階で滅せられる。ただし、クロイツフェルト・ヤコブ病やエボラ熱などは病原体の分解が確約できないため、今のところ対応していないとのことだ。

死んでもなお人間は有害?火葬・土葬の問題点

マサチューセッツ大学・建築学科の学生だったRECOMPOSEの創始者カトリーナ・スペード(Katrina Spade)氏は、大学院生時代に自分の死後、体がどうなるかについて興味を持ち始め、葬送業界と現在選択可能な葬送方法について、深く考えるようになったという。

今、世界中で埋葬に使用する土地が不足する問題が発生している。なぜなら、使える土地は限られているにも関わらず、人口は増え続け、死者の数も増える一方だからだ。特に都市部での問題は深刻で、一度埋めた棺を掘り起こしてその下に何層にも渡って埋葬できる“墓の高層マンション”の建設を進めている都市もある。このまま埋葬を続けていけば、地下は死んだ人間でいっぱいになってしまうだろう。

埋葬する土地の不足問題や葬送に関する経済的な理由から昨今、土葬が主流であったアメリカでも火葬の割合が急増しているが、これも環境への配慮という点で問題を抱えている。1体の遺体を火葬するためには燃料が100リットルほど必要で、焼却を通して200〜300kgの二酸化炭素が排出されているという。

他にも、葬送に必要な材料の消費も問題視されている。遺体を安置する棺には大量の木材と金属が必要で、遺骨を安置する納骨堂にも強化コンクリートや金属が使用されている。一度埋めた墓は何世紀にも渡って残り続け、素材のリサイクルも難しいため、消費し続けるという観点ではサステナブルな方法とはいえないだろう。

このような現状に失望していたスペード氏は、ある日友人が家畜の死体をコンポストして土に還しているという話を聞いた。スペード氏は当時を振り返り、このように語っている。「頭の上で電球が光るような瞬間だった。そして、この方法を人にも適用し、人類に新しい選択肢を与えることを自分のミッションにしようと決めた。」

RECOMPOSE

Image via RECOMPOSE

スペード氏はまず、大学院の卒業論文の一部として研究を開始し、その後2014年にEchoing Green Climate Fellowshipの協力を得て「The Urban Death Project」というプロジェクトを立ち上げた。当時は土に関する科学的な研究や法の整備、葬送の実習など人体のコンポストを行うのに十分な用意がなされていなかったため、ここでアイデアを持ち寄るコミュニティ作りを始めたのだ。

西カリフォルニア大学と実用化に向けた共同研究を続けつつ、同時に州議会にも人体をコンポストした土の一般使用を合法化するよう働きかけた。実用化の準備が整った2017年にRECOMPOSEを設立し、現在は2021年にオープンを控えているシアトルの第1号施設の準備に邁進している。

「人間の遺体をコンポストすることは環境に対して責任のある葬い方だ。」とスペード氏は述べている。堆肥葬は遺体を自然の一部として循環させることを主軸に置くことによって、現代の葬送方法が抱える問題の解決に大きく乗り出している。

RECOMPOSEが目指す未来

スペード氏は「人々は、愛する人の死をそれぞれ多様な形で受け止める。だから私たちのゴールは、愛する人の死に対してより多くの選択肢を与えることです。」と語っている。現在は火葬と土葬が主流だが、人の数だけ葬送の形があっても良いはずだ。新しい選択を生み出すことによって、より多くの人が死について納得のいく回答を得られるようになるだろう。

またスペード氏は「今後10年でより多くの葬送の選択肢が台頭するだろう。」と予測している。RECOMPOSEは、画一化された葬送業界をアップデートする一石を投じたという点でもその存在価値は大きい。

実際の施設内には木が植えられ、天窓から優しく日の光が差し込む開放感のある空間になる予定だ。白い壁にはハチの巣のような六角形のカプセルが配置されており、この中で遺体のコンポストが行われる。葬儀は土に還っていく人々に囲まれた中央の空間に椅子を並べ行われるという。

 RECOMPOSE

Image via RECOMPOSE

施設のデザインを手がけるアラン・マスキン(Alan Maskin)氏は「この場所はコンポストを行う施設としてだけでなく、人が集う場としても重要な意味を持つだろう。このプロジェクトを介してより多くの人が葬送に対して直接的な参加を体験し、死そのものと人生における喜びについて対話の機会を得られるようになる。」と話している。

この空間であれば、死は身体が大地に還っていく自然な流れという印象を持ち、死を恐れて敬遠している人もその存在を受け入れやすくなるかもしれない。20世紀の哲学者ハイデガーが「死を意識するからこそ、人生は輝く」と残したように、死について認識することは「生」の尊さに気がつくきっかけになる。RECOMPOSEは堆肥葬を通して、世界中をインスパイアし続けるだろう。

人間の遺体をコンポストすることによって、現代の葬送方法が抱える問題を解決しながら、新しい葬送の可能性を提示するRECOMPOSE。遺体を輸送することができれば、海外からでもサービスの利用は可能とのことだ。葬送の費用は5500ドル(約60万円)ほどになる予定で、ワシントン州での土葬費用の平均が8000ドル(約87万円)、火葬費用が1000~7000ドル(約10万円〜76万円)であることを考えればリーズナブルな値段設定だ。これから堆肥葬がどのような広がりを見せるのか楽しみである。

【参照サイト】 RECOMPOSE
【参照サイト】 Could ‘Human Composting’ Mean a Better, Greener Death?